現役プロゴルファーによるデザイン・監修のゴルフウェアショップ 『2CY』

2cyショップ

キレイなフォローでヒジ痛を予防する上腕三頭筋ストレッチ

キレイなフォローをつくってヒジ痛を予防する上腕三頭筋ストレッチ

 

こんなゴルファーにオススメ

 

大きなスイングプレーンをつくりたい
ヒジの痛みをなくしたい

 

アプローチする筋群、関節について

 

上腕三頭筋

 

上腕三頭筋ストレッチのメリット

 

上腕三頭筋は肘を伸ばす筋肉です。

肘に付着しているためにゴルファーに多い
肘痛と関係していることが考えられます。

上腕三頭筋の柔軟性低下が
直接肘関節の歪みに影響するというよりも、

上腕三頭筋の機能が低下することにより
肘関節の安定性が低下することが問題です。
また、肘関節が曲がっていると肘関節は不安定な状態であり、
歪みや痛みを生じる可能性があるため、

ゴルフスイング中、特にインパクト時に
肘が伸びきっていることは非常に重要です。
また、肘関節の正しい動作は
スイングプレーンの再現性にも大きく影響します。

さらに、ダウンスイング中の
右の押し込みなどで飛距離が変わりますが
プレーン上でヘッドを走らせるために肘の役割は大変重要です。

上腕三頭筋を柔軟にすることで肘痛の予防を図りましょう。

 

上腕三頭筋ストレッチの解説

 

左腕を上に伸ばし、頭の上で肘をしっかりと曲げます。

反対の右腕で左腕の肘を持ち、右後方に引きながらゆっくり伸ばします。

この時、左腕後面がしっかりストレッチされていることを意識しましょう。

10~15秒ほど行ったら反対側も同様に行います。

 

キレイなフォローをつくってヒジ痛を予防する上腕三頭筋ストレッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です