現役プロゴルファーによるデザイン・監修のゴルフウェアショップ 『2CY』

2cyショップ

【最重要!】筋力と柔軟性をつくるスイングスタビライズ

【最重要!】筋力と柔軟性をつくるスイングスタビライズ

 

こんなゴルファーにオススメ

 

大きなスイングプレーンをつくりたい
軸ブレをなくしたい

 

アプローチする筋群・関節について

 

インナーユニット全般
腹横筋
横隔膜
多裂筋
骨盤底筋群

腹斜筋群
大腿四頭筋
中殿筋
大殿筋
腓骨筋群

 

スイングスタビライズのメリット

 

このエクササイズひとつでゴルフに必要な可動域の増大や
股関節軸、体幹軸の強化がすべてできてしまうといっても過言ではないほど
重要なエクササイズです。

また、ご自身のスイングが不調に陥った際には、
バランスを崩すことなくこの姿勢が取れるかどうかを確認することで、
どの部位に問題があるかが直感的に分かります。

つまり、このスイングスタビライズは、
軸ブレのないバランスの良い身体かどうか、
大きなスイングプレーンをつくるための可動域がつくれているかどうか、

また、それらを実現するために
からだのどの部位を強化、あるいは柔軟性をあげるべきかが
ご自身でその場で評価、強化が可能

一石二鳥なトレーニングという訳です。

 

スイングスタビライズの解説

 


スイングスタビライズはトップ相、フォロー相で行うことで、
左右同時に部位の評価を行うことが可能です。

まず、クラブを持った状態で両脚を肩幅くらいに広げ、
アドレスの姿勢をとります。
クラブはショートアイアンやウェッジで構いません。

次に、左足を後ろに引いて体重は右足で支え、
左足はつま先で身体を支える程度で支えます。

そして、いつもどおりインナーマッスルを意識して、
息を吐き切った状態から、お尻の穴に力を入れてお腹まわりを締めます

そのままハーフスイング、肩の高さくらいまで腕を上げます。
左手は伸ばした状態を30秒間維持します。

スイングスタビライズを行う際の気を付けるべき点として、

・骨盤に対して両肩を結んだラインが垂直の関係にあるかどうか

腹斜筋群の働きが弱かったり、肩関節の柔軟性が低い場合、
骨盤と両肩を結ぶラインを垂直に維持することができません。
・股関節につまった感じがあるかどうか、
つま先と膝の向きが揃っているかどうか、

股関節につまりを感じると、身体を回旋した時に膝が外に開き、
荷重も外側に逃げてしまいバランスを崩します。

・体幹前傾をキープできているかどうか、

・顔が正面を向いているかどうか、

・過剰に頑張りすぎている筋があるかどうか

などを確認すると良いでしょう。

 

最も強化したいポイントは
骨盤と胸郭が最も大きく回旋している位置にあるにも関わらず、
体幹の安定化はインナーユニットが担うということです。

冒頭の写真では、ハーフスイングにみえますが
骨盤と胸郭の回旋角度はここが最大です。

柔軟かつ安定したゴルフスイングを作るためには
このポイントは欠かせません。

ちなみに写真は、
加藤陽二郎プロのスイングスタビライズのレッスン風景です。

ご覧のように軸足下にバランスディスクを置いての
スイングスタビライズですが、

加藤プロの場合、ほとんど軸ブレすることなく
キレイなスイングスタビライズができていました。

しかし、これはプロゴルファーのレッスンメニューですので、
一般の方には危険ですので、
バランスディスクを使用せずにスイングスタビライズを行ってください。

 

【最重要!】筋力と柔軟性をつくるスイングスタビライズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です