股関節と肩甲骨で振る逆持ちスイング(インサイドイン編)

股関節と肩甲骨で振る逆持ちスイング(インサイドイン編)

 

こんなゴルファーにオススメ

 

・プレーンがインサイドアウト(プッシュアウトやフックが多い)
・スイングプレーンを大きくしたい
・手打ちを直したい
・フォローで腰が回らない(左股関節が回らない)

 

アプローチする筋群・関節について

 

股関節
肩甲胸郭関節
脊椎椎間関節
インナーユニット
腹斜筋群
広背筋
大殿筋
大腿四頭筋
内転筋群
腓骨筋群

 

逆持ちスイング(インサイドイン)のメリット

 

本エクササイズの重要な効果は
股関節と肩甲骨の可動域でスイングができるようにすることです。

そのために、クラブをいつもと反対に持つことで
クラブを柔らかく握って軽く振ることができます。

クラブを逆にもつことでスイングの際に力みが消え、
自然に風切り音がスイングの後半で鳴るようになります。

また、スイングに力みがないため、
からだに負担をかけることなく、

股関節や肩甲骨の可動域を増大させていくことができます。
アマチュアゴルファーの多くの方が股関節の可動域が少なく、

腰が回らない、フォローが取れない=フォローの姿勢で維持できない
またはフォローのプレーンがアウトサイドとなっているため、
プッシュやフックのような球ばかりが出るといったお悩みを持っています。

フォローは特にインサイドへ振り抜いていくイメージが必要であり、
そのためにはインパクト以降で右肩が下がらないことと、
腕を高く上げないことが重要になります。

 

逆持ちスイング(インサイドイン)の解説

 

 

あくまでもスイングチェックを兼ねたエクササイズですので、
以下のチェック項目に着目することが重要です。

・ダウンスイングで右肩を下げない
・股関節を回してから胸を回す
・頭の位置を動かさない
・リリースのタイミングが早すぎない
・フォローで腕を高く上げない
・フォロー後期まで左肘を曲げない
・左脚の親指を浮かさない

これらは一般的なスイングのチェック項目ですが、
基本を守ることが重要です。

そのうえで、30回程度連続でリズム良く行うようにしましょう。

 

 

股関節と肩甲骨で振る逆持ちスイング(インサイドイン編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です