現役プロゴルファーによるデザイン・監修のゴルフウェアショップ 『2CY』

2cyショップ

Xファクターの最大化とミート率を上げるインパクトの作り方

 

こんなゴルファーにオススメ

 

・X-factorが小さい
・リリースが早くてダフリが多い
・胸の回旋で打てないから手打ちになっている
・腰が回らない(左股関節が回らない)
・脇が開く
・肩甲骨の可動域が狭い
・身体が左に流れる
・フォローが小さい

 

アプローチする筋群・関節について

 

股関節
肩甲胸郭関節
脊椎椎間関節
手関節
肘関節
インナーユニット
腹斜筋群
広背筋
大殿筋
大腿四頭筋
内転筋群
腓骨筋群

 

逆持ちスイング(インパクトゾーン)のメリット

 

ゴルフスイングにおいて、
もっともコントロールできないインパクトゾーンですが、
ここもやはりイメージが大切です。

インパクトの形を作れずに
『リリースが早いor遅い』『腰が回っていない』『胸が開く』
と言われても、コンマ数秒の動きの中で
これを修正するのは至難の業かと思います。

インパクトゾーン初期の右ポケットポジションは
トップとフィニッシュ以外の動的な部分で、
唯一静止しても問題ないポイントだと言えます。

実際には固有受容器に伸張刺激が入力されているため、
静止はしていませんが、

トップの切り返しから股関節だけを回旋させてくると、
右ポケットポジションにおける体幹と腕の関係は
トップの位置とさほど変わらないのが分かります(写真下)

Xファクターの最大化とミート率を上げるインパクトの作り方

つまり、この右ポケットポジションから
胸椎の回旋が始まると考えることができます。

そうすると股関節から切り返して、
いかに骨盤のラインと両肩のラインの差、
いわゆるX-factorが大きく必要なのかが分かります。

ここで重要なことはインパクトを迎える時に、
胸椎や肩甲骨の可動域が小さいと、

胸が開き、振り遅れが生じてしまうことです。

股関節を回した際に、
自分で振り遅れない限界の位置でタイムラグを作るようにすることで
タメができ、かつミート率の高いショットが打てるわけです。

また、ここではX-factorの最大値である
右ポケットポジションからX-factorの角度が逆転する
フィニッシュのポジションまでの素振りを行うことにより、

胸の回旋と、両腕を伸ばしたフォローを学習します。

 

逆持ちスイング(インパクトゾーン)の解説


あくまでもスイングチェックを兼ねたエクササイズですので、
以下のチェック項目に着目することが重要です。

<切り返しの時のチェックポイント>

・右ポケットポジションは股関節だけを回旋させた位置
・シャフトは立てた状態
・胸はまだやや右を向く
・骨盤のラインと胸のラインがXを描く(Xファクター)
・右肩は下げない

 

<フォローの時のチェックポイント>

・手ではなく胸の回旋で振る
・フォロー後期まで左肘を曲げない
・頭の位置を動かさない
・左足親指を浮かさない
・フォローで腕を高く上げない

これも30回程度、
一回ずつしっかり形を確認しながら行うようにします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です