【まとめ】体幹部の筋群をイメージしよう

 

ここまでで、理想とするゴルフスイング構築の際にアプローチする
体の部位について解説してきましたが

現時点ではここまでの内容について今一度正しく理解しておくと、
この後の解説も一層理解しやすいと思いますので、
確認の意味でもぜひお読みください。

上の図は、これまでに解説した筋群を、

うつ伏せになった状態で断面で見た場合の体内配置図です。
(おなかが下、背中が上)

重要なので繰り返しますが、

トレーニングにおいてアプローチする筋肉が
自分の体の中のどこに存在し、どのように機能しているか、
を理解、意識しながらトレーニングすることで、その効果が飛躍的に向上します。
特にからだの奥深くにあるインナーマッスルは
目で見て確認することができないため、
意識しながらトレーニングするということが大変重要になります。

これからのトレーニングの際には、
この図と各部の筋群をイメージしながら取り組んでみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です