現役プロゴルファーによるデザイン・監修のゴルフウェアショップ 『2CY』

2cyショップ

地面からの反力をスイングに活かす ハムストリングストレッチ

スイング軸のリアライメント ハムストリングストレッチ

 

こんなゴルファーにオススメ

 

腰痛予防
骨盤の前傾をキープしたい

 

アプローチする筋群、関節について

 

 

ゴルフスイングにおけるハムストリングの役割

 

アドレスでは股関節を少し曲げた状態をキープさせています。
そしてスイング時には地面を下方に蹴るように膝を伸ばす運動が必要です。

この時に太もも前面の大腿四頭筋と
太もも裏側のハムストリングは強力に働きます。

そのため、ハムストリングの柔軟性を保つことで、
床からの反力を効率よく伝達させることを可能にするだけでなく、
腰痛や肉離れの予防にもなりますので、

ここで紹介するハムストリングのストレッチをしっかり行いましょう。

 

ハムストリングと腰痛の関係

 

ハムストリングとは、太ももの裏にある筋群の総称で、
ハムストリングの柔軟性低下による腰痛との関連が
これまでにも多く報告されています。

特にハムストリングが硬くなることで
多くの不具合と致命的な障害が発生します。

まず、ハムストリングが硬くなることにより、
骨盤の関節(仙腸関節)に付着する靭帯が伸張し、
骨盤の仙腸関節が緩くなってしまうため、

骨盤の形状は左右非対称となってしまいます。

非対称の骨盤は、筋肉の収縮に影響を与えます。

スイング軸をつくるうえで重要な役割を持つ
体幹部の腹横筋という腹巻状の筋肉が上手く使えなくなってしまいます。

そうなると、上肢を支える土台の役割を持つ骨盤は
より不安定になってしまいます。

基礎がグラグラの状態です。

ここまでご一緒に学習されてきた方でしたら、
身体を支えるべき筋群が機能しないことにより何が起こるかは、
すでにお分かりかと思います。

骨盤の歪みにより基礎がグラグラの状態のとき、
人体はどうにかして関節を安定させようと
色々な筋肉を使って関節を固めます。

この時使われる筋肉は、本来目的を達成するための筋肉、
いわゆるアウターマッスルです。

例えば、背中を起こすという目的のための筋肉(脊柱起立筋)が
関節を安定させるためにガッチガチに緊張することで
腰痛を引き起こしてしまいます。

このように、太もも裏のハムストリングの柔軟性低下は、
理想的なゴルフスイングを阻害するだけでなく、

ゴルフという競技そのものから私たちを遠ざけるリスクすらあります。

伸びにくい筋肉ですが、
日々ストレッチすることでハムストリングの柔軟性を保ちましょう。

 

ハムストリングストレッチの解説

 

両脚とも行いますが、まず左脚を伸ばして、右脚を曲げて座ります。
このとき体の向きは正面を向くのではなく、伸ばしている脚の方向へ向けましょう。

少しずつ伸ばしている脚の方に骨盤ごと体を倒していきます。
伸ばしている脚のもも裏=ハムストリングをしっかり意識しながらストレッチしましょう。

10~15秒ほど行ったら反対側も同様に行ってください。

 

 

スイング軸のリアライメント ハムストリングストレッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です