スイングに耐える関節と筋群をつくるスパイダーウォーク

スイングに耐える関節と筋群をつくるスパイダーウォーク

 

こんなゴルファーにオススメ

 

・軸ブレをなくしたい
・全体的に筋力をつけたい

 

アプローチする筋群・関節について

 

インナーユニット
腹直筋
内腹斜筋
外腹斜筋
大胸筋
広背筋
内転筋群
大腿四頭筋
その他肩甲骨、股関節周囲筋群

 

スパイダーウォークのメリット

 

このスパイダーウォークは全身運動ですが、
主として体幹筋群の強化に効果的です。

ラランプッシュアップやクルシフィクスプッシュアップの要素に加え、
上下肢の曲げ伸ばしや体幹の側屈回旋といった運動が必要になります。

なるべく一側の四肢を伸ばし切り姿勢を低く保つことで、
肩甲骨や股関節の周囲筋群を効率よく鍛えることができます。

肩甲骨や股関節の周囲筋を使うことで
手打ちではない身体を使ったスイングのコツがわかるだけでなく、

ゴルフスイングに耐えうる多くの筋力アップができるという点も
非常に大きなメリットです。

 

スパイダーウォークの解説


廊下の長さでいいので
ゆっくりと低い姿勢を保ったまま移動します。

スタートのポジションは右肘と右膝をつけた状態、
左側は肘も膝も伸ばした状態から始めます。

右手を前方にリーチしていくとともに
左膝が左肘につくように移動します。

姿勢が高くなったり、スピードが速くなってはいけませんので、
注意しましょう。

床を滑らすように動かしますが、
床面との摩擦で火傷をしないように気をつけましょう。

 

スイングに耐える関節と筋群をつくるスパイダーウォーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です