上手い人ほど知っている!飛距離を伸ばしてまっすぐ飛ばす方法とは?

クラブのスイートスポットの場所を把握し、スイートスポットで正しく打つことで効率的にスイングエネルギーを活かし、クラブ本来の性能を発揮することが可能になるため、飛距離だけでなく方向性も同時に向上させることが可能になります。

本サイトでは、ゴルフ初心者の皆さんに効率的にスイングエネルギーを伝達させるためのからだづくりをご紹介していますが、効率的にスイングエネルギーを発揮するには、スイートスポット、いわゆるフェイスの芯で打つ必要があります。

そして、本当に効率的にスイングエネルギーを使えているかどうかを確認するためのひとつの基準があります。

それが、ミート率です。

適正なミート率を出すことができているかどうかを知ることはご自身のスイングの良しあしを判断するひとつの指標となります。

また、ミート率について正しく理解しておくことで、私たちゴルフ初心者が手っ取り早く飛距離と方向性をアップさせる近道になりますので、ミート率についての正しい知識を得て、今後のスイングづくりに役立てて下さい。

ミート率とは?

効率的にスイングエネルギーを使えているかどうかを示す数値であり、ミート率を上げることで、ゴルフクラブの性能を発揮することができ、必然的に飛距離も方向性も向上することになります。

しかし、どれだけ力いっぱい振ってもクラブのスイートスポットに当たらなければ、大した飛距離が出ないどころか、打球があさっての方向に飛んでいくこともあります。

逆にそんなに力を入れて振り回さなくても、しっかりスイートスポットにミートすることで、効率的にスイングエネルギーを発揮し、飛距離も方向性も向上します。

そこで、ゴルフスイングとミート率の関係についてもう少し深く考えていきましょう。

ミート率の算出および測定方法

ミート率とは、効率的にスイングエネルギーを使えているかどうかを示す数値である。

こんな計算しなくても、ミート率はかんたんにわかりますw。

ミート率を求める時には、ミート率 = ボール初速(m/s) ÷ ヘッドスピード(m/s) という公式が用いられます。

ではここで、2人のゴルファーのAさんとBさんで例えると、Aさんはボール初速が56m/sでヘッドスピードが平均的な40m/sだった場合、56÷40=1.4が、Aさんのミート率となります。

ところが、BさんもAさんと同じヘッドスピード(40m/s)であっても、しっかりとスイートスポットで打つことができないことによりボール初速が52m/sと遅くなると、どうなるでしょう?

ミート率は52÷40=1.3と低くなり、同じヘッドスピードでも効率的なショットができていないということになります。

さらに、ミート率が貢献するのは、飛距離だけではありません。

ミート率が上がって効率的にスイングエネルギーがボールに伝わるということは、ボールの直進性にも影響を及ぼすため、方向性も向上します。

このことからも、ミート率を上げることで打球の飛距離にも方向性にもポジティブな影響を出すことがわかります。

スイートスポットはどこにある?

スイートスポットはどこにある?

スイートスポットの見分け方

スイートスポット(フェイスの芯)で打ってミート率をあげるためには、そもそも、スイートスポットというのがフェイスのどこにあるかを知っておかなければいけません。

最近はやさしいメーカーさんが多く、比較的スイートスポットが広いクラブが多いのですが、それでもある程度のスイートスポットの範囲を知っておくことは大切です。

自宅でできるスイートスポットの見つけ方

まず、ご自宅で簡単にできる方法としてクラブを横にしてフェイスを上にして右手でグリップを握ります。その状態で、左手で10cmくらいの高さからフェイスにボールを落とすと、他の場所よりもよく跳ねる部分が必ずあります。

そこが、そのクラブのスイートスポットです。

スイートスポットにボールを真っ直ぐ落とすと、グリップしている右手にほとんど振動が伝わらず、フェイスの上で2、3回跳ねるくらい直進性が見て取れます。

逆にヒールやトゥなどフェイス中央部から外れた位置にボールを落とすと、グリップしている右手が軽くジーンとする程度の振動が伝わるのがわかると思います。

アイアンの場合、ソールが薄いヘッドのマッスルバックタイプはスイートスポットが狭くなりますが、肉厚のキャビティバック、中空タイプのアイアンはマッスルバックよりもスイートスポットが広くなるため、初心者向けのアイアンと言えます。

また、アイアンはドライバーと比べて重心位置が低いことから、スイートスポットはドライバーより若干中央より下になります。

スイートスポットを体感しよう!

練習場でスイートスポットを体感しよう!
スイートスポットを判別する他の方法として、目と耳、視覚と聴覚で確認する方法があります。

これはちょっとした小道具が必要になるのですが、ゴルフショップなどに打っているショットマークというシールをフェイス面に貼ってショットすることで、その打球がフェイスのどこにあたったかを確認することができます。

あくまでスイートスポットを確認するためのものなので、フルショットではなく、ハーフスイングでもOKです。

このショットマークを使ってフェイスのどこにあたったかを確認することはできますが、フェイスのどこがスイートスポットかわからないという方は、ショット時の打球音やボールを打った時のグリップの感触をしっかりと確認してください。

番手が何番であれ、スイートスポットで打った芯を食った時の打球音は、何とも言えない気持ちよさがありますからすぐにわかると思います。

ゴルフクラブメーカーさんはこの芯で打った時の打球音にまでこだわってクラブを作ってくれているくらいなので、『あ、今良い音したなー!』と思ったら、フェイス面に貼ってあるショットマークでその打球の跡を確認して、スイートスポットの範囲を把握していきましょう。

ただし、このやり方でクラブのスイートスポットの範囲を見定める際には、ショットの度にショットマークの打球跡を確認しておかないと、どの打球跡が良い音がした時のものかわからなくなりますw。

1球ずつペンなどで打球跡をチェックしていってもいいですね。

ミート率の測定方法

簡単にわかるミート率の測定方法

1球ごとのミート率がわかるのがベストです。

ゴルフ練習場によっては、打席内に飛距離やミート率を測定してくれる機械が設置してある打席がありますので、そこで計測が可能です。

が、もちろん有料です。。。

自分で手軽に計測したいという方はこのような市販の測定器を買われると便利ですよ。

練習場の打席内で飛球線の1mほど後方に置いて、実際に使用する番手を器械で指定するだけで、ショットの度に

  • ヘッドスピード
  • ボールスピード
  • 推定飛距離
  • ミート率

を自動で算出してくれます。

また、狭いゴルフ練習場などでは実際にどれくらい飛距離が出ているかわかりませんが、これがあれば計算上の推定飛距離を出してくれるので、参考にはなります。

ミート率のまとめ

ぼくもそうですが、ゴルフを始めたばかりの方がゴルフにハマった理由の一つとして、たまーに芯を食って飛ぶ『奇跡の1ショット』の魅力ではないでしょうかw。

プロを目指すわけでもないから、常に芯を食うスイングはなかなか難しいですが、1ラウンドで1球あるかないかのショットが5球、10球と増えていくと、これまで以上にゴルフが楽しくなるはずです。

まずは、自分のクラブのスイートスポットを把握して、『ここに当てればジャストミート!』というイメージが持てるようにしておきましょう。

ミート率のまとめ

ジャストミートがあるから、ゴルフはやめられないのです!

最後におまけ ゴルフが楽しくなる動画

スイートスポットを体感すると言えば、こんな方法で遊びながらスイートスポットを体感することもできます。


スコアや飛距離とは一切関係ありませんが、楽しみながらスイートスポットの感覚がわかりますよ

やってみるとわかると思いますが、『芯に当たると、ボールってこんなに弾むの!?』って感じると思います。

もし、お子さんにゴルフをやらせたいとお考えでしたら、これができればお子さんにゴルフに興味を持ってもらえるかもしれませんよ!(笑)

次回はミート率を上げるための具体的な練習方法についてご紹介します。

それでは、また。

クラブのスイートスポットの場所を把握し、スイートスポットで正しく打つことで効率的にスイングエネルギーを活かし、クラブ本来の性能を発揮することが可能になるため、飛距離だけでなく方向性も同時に向上させることが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です