スイングエネルギーを伝えて支える骨格

人体を支える骨格は骨単体で形成されているのではなく、 骨と骨をつなぐ関節や、周辺の筋肉により支えられることで、 常に一定の姿、状態を保持することができています。

体軸骨格はゴルフのスイングづくりの要になります。

 

基本構造として人体を支えているものが、骨格です。

ゴルフに関するところで述べるとするならば、
12対の肋骨は、関節で脊柱と連結しており、
胸の中心にある胸骨とは軟骨で繋がっています。

呼吸の際には軟骨が収縮・拡張することでその機能を確保しています。

また、脊柱は24個の椎骨が頸部から胸部、腰部にかけて
緩やかなS字カーブを描いており、

骨盤は腸や泌尿器、生殖器など腹部にある臓器を保護しています。
脊柱骨盤については次ページ以降で解説いたします。

ヒトの骨格を大別すると、体軸骨格(たいじくこっかく)と
体肢骨格(たいしこっかく)に分けられ、 

体軸骨格として、頭がい骨、脊柱、胸郭(肋骨)があり、
体肢骨格には肩甲骨や骨盤があります。 

このことからも、脊柱、胸郭、骨盤を含む体幹は、
上半身と下半身をつなぐように存在していることがわかります。

 また、骨格は骨単体で形成されているのではなく、
骨と骨をつなぐ関節や、周辺の筋肉により支えられることで、
常に一定の姿、状態を保持することができています。

つまり、正しいスイング動作やアドレス時の姿勢を改善するということは
日頃の姿勢の在り方を改善するという事であり、

同時にそれは、身体の骨配列やその周りの筋肉や関節についても
調整してあげる必要があるという事です。

 

人体を支える骨格は骨単体で形成されているのではなく、 骨と骨をつなぐ関節や、周辺の筋肉により支えられることで、 常に一定の姿、状態を保持することができています。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です