現役プロゴルファーによるデザイン・監修のゴルフウェアショップ 『2CY』

2cyショップ

強大なスイングエネルギーをつくり飛距離を出すサイドブリッジ

サイドブリッジ

 

こんなゴルファーにオススメ

 

飛距離を伸ばしたい
スイングの再現性アップ

 

アプローチする筋群・関節について

 

外腹斜筋
内腹斜筋
腹横筋
内転筋群

前斜筋群の緊張パターンの学習

 

サイドブリッジのメリット

 

エルボートーと同様にインナーユニットを賦活させつつ
アウターマッスルを鍛えることが目的です。

このトレーニングでも、エルボートーと同様に
インナーユニットが働いていないと
姿勢が曲がってしまうので
身体の軸を意識しながら行いましょう。

サイドブリッジは特に下側の外腹斜筋を鍛えることができます。

外腹斜筋は体幹の回旋主動作筋であり、
ゴルフスイングにおいても強い力が必要です。

また、上側の脚を前方にして荷重をほぼ一側で支えることにより、
内転筋と外腹斜筋の緊張パターンである前斜筋群に負荷がかかり、

スイング軸での正しい筋の使い方を学習することができます。

なお、このエクササイズも腰痛の権威である、
スチュアート・マクギル先生により提唱されています。

 

サイドブリッジの解説

 

横向きに寝て、肘を立てます。

上側の脚が前にくるようにして、脚を人の字を描くように前後に開き、
下側の脚も後方に少し下げます。

その状態から身体が一直線になるように意識しながらお尻を浮かせます。

エルボートーのように身体の軸を意識することが重要ですので、
息を吐き切ってからお尻の穴をしめるようにお腹に力を入れて
小さく呼吸を続けたまた、30秒間この状態をキープします。

30秒経過したら、反対側も同様に行いましょう。

 

サイドブリッジ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です