現役プロゴルファーによるデザイン・監修のゴルフウェアショップ 『2CY』

2cyショップ

スイングエネルギーを腕に伝える肩関節

肩関節

 

肩関節について

 

球関節である肩関節は、前後、左右、ひねりの
3次元的な動きが可能である一方で、

構造や靭帯による結合が緩いため
インナーマッスルである
ローテーターカフが
関節の安定に貢献しています。

また、土台になっている肩甲骨自体の動きが伴うことで
肩関節が動くことも特徴です。

 

三角筋

 

三角筋

肩を覆うほど大きな筋で、上肢では最も体積が大きく、
肩関節のほぼすべての動きに関与しますので、
かたくならないよう柔軟性を保つことが大切です。

前方の鎖骨部、中央部の肩峰部、後方の肩甲棘部に分かれていて、
それぞれ働きが異なります。

 

大胸筋

 

大胸筋

胸板を形成する強力な筋である大胸筋は、
スイング時に腕を横から胸の前に肩関節水平内転の主力筋です。

上腕を内向きにひねる内旋の働きもあり、
上部の鎖骨部、中央部の胸肋部、下部の腹部で作用する方向が異なります。

大胸筋ストレッチで腕の角度を3種に変えて行う理由は、
上記のとおり大胸筋の作用する方向を考慮しているためです。

 

広背筋

 

広背筋

広背筋は同じ背中の筋である脊柱起立筋と混同されがちですが、
脊柱起立筋は体幹を動かすのに対し、
広背筋は回旋の主動作筋です。

また、背中の下から脇の下にかけて広がり、
人体で
最も面積が大きいのが特長です。

 

ローテーターカフ(回旋筋腱板)

 

ローテーターカフ

肩関節は可動域が大きい一方で安定性が低いため、
ローテーターカフがその安定性を補っています。

ローテーターカフは、肩甲骨から上腕骨にかけてついている
肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋の総称で、
腕をひねる内旋、外旋の動き(=rotator)が語源となっています。

薄い腱が上腕骨頭を覆う様についていることから
回旋筋腱板とも言われ、深層に位置しています。

また、これらの筋には、腕をひねるだけではなく、
肩関節を引き付けて安定させるという重要な役割もあります。

 

 

 

肩関節

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です