現役プロゴルファーによるデザイン・監修のゴルフウェアショップ 『2CY』

2cyショップ

大きなスイングプレーンで飛距離をのばす肩甲骨ストレッチとプロトラクション

スイング軸のリアライメント 肩甲骨の前後運動

 

肩甲骨の上下運動については先述の通りですが、
ゴルフスイングでは肩関節の前後運動も大変重要な動作になります。

右利きの方の場合、
右肩甲骨は脊柱側に近づく動きをします。

対称に、その際左腕は伸ばしたままでスイング軸を中心に回旋するため
左肩甲骨は脊柱から離れるように動きます。

この時の右肩甲骨のように脊柱に近づく動きを
肩甲骨のリトラクション(内転)といい、

左肩甲骨のように脊柱から離れる動きを
肩甲骨のプロトラクション(外転)といいます。

そして、フォローの際にはこれらの動作は逆になり、
右腕が伸びるため、右肩甲骨が脊柱から離れるプロトラクション(外転)になり、
左肩甲骨が脊柱に近づくリトラクション(内転)となります。

このように肩甲骨の前後運動により適切な肩関節の可動域を確保することは、
単純に大きなスイングプレーンの形成とスイングエネルギーの増大に直結するため、

股関節、胸郭に次いで非常に重要な運動になりますので、
ぜひマスターしておきましょう。

前へならえ!でスッキリした肩に

 

このような肩甲骨のプロトラクション、リトラクションを可能にする
肩関節の可動域を出すためのエクササイズはとても簡単。

いつものようにストレッチポールの上で横になって
大きく息を吸いながら両腕を天井の方に
『前へならえ』をするように伸ばしていきます。

そして、息を吐きながらゆっくりと両腕を床方向に
肩甲骨から下ろすイメージで下げていきます。

この運動の際には両腕は前へならえの形ですが、
決して腕をピンと伸ばす必要はありません。

両腕で大きな風船を抱えている様に
ゆったりと力を抜いて前へならえをするようなイメージで行います。

この運動の目的は股関節を前後に動かせる事ですので、
肩甲骨を天井方向に引き上げ、床方向に下ろす感じでやってみましょう。

肩関節の可動域だけでなく、
肩まわりのインナーマッスル(ローテーターカフ)の強化にもなりますので、

肩こりなどにお悩みの方もぜひ続けて行ってみて下さい。

 

 

スイング軸のリアライメント 肩甲骨の前後運動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です