現役プロゴルファーによるデザイン・監修のゴルフウェアショップ 『2CY』

2cyショップ

スライスの原因を自分のスイング動画と静止画を使って分析してみた。

スライスの原因を動画と静止画を使って分析してみた

みなさん こんにちは 中山です。

 

昨日は中村トレーナーと一緒にトーシンゴルフクラブセントラルコースでラウンドしてきました。

ゴルフ場のレポート記事はこちらから。
岐阜県のトーシンゴルフクラブセントラルコースは接待ゴルフにオススメのゴルフ場

 

ゴルフって本当におもしろいですよね!

練習やラウンドで、『うまく打てた!』と思っても、次の練習やラウンドではさっぱりうまく打てなくなってますw。

もっと言ってしまうと、ナイスショットしてカートで移動した数分後にはもううまくうてなくなってるくらい、再現性が驚くほど低いww。

 

ぼくだけでしょうか…(笑)。

 

要はいいショットはまぐれでしかなく、頭の中にいいショットの理屈やイメージがないからなんだと思います。

 

この理屈やイメージを追求して試行錯誤するところも、ぼくがゴルフを好きな理由の一つです。

 

この自分の頭で自分のスイングの問題点を見つけ出し、分析して答えを出す。

別の問題が出てきても、また自分の頭で考えて分析して、答えを出す。

 

ゴルフはこの繰り返しです。

 

『なんでだろう??』と思ってもその理由や理屈がわからなければ、そのトラブルショットは必ず次もやってきます(笑)。

しかし、こんな1年以上続くスライス対策の試行錯誤にも、最近ようやく目途がつきつつあります。

 

今回はぼくのスイング動画を事例にして、ぼくの自分なりのスイング分析を考察してみたいと思います。

 

 

ゴルフ初心者を悩ませるスライスの原因

 

私は知人たちの間でも指折りの『ビッグスライサー』として名を馳せており、一時期はティーショットでドライバーを打つのが嫌になりスライスが出にくい7番アイアンでティーショットを打っていたというほど、スライスに悩まされ続けております。

自分のスライスの特徴は、プッシュアウトスライスも出ますが一番多いのは打ち出しの弾道はストレートだけど途中からグーン!!と曲がるスライス。

 

つまり、スイング軌道は正しいけどインパクトの瞬間に何らかの原因でフェイスが開いているために発生するスライスです。

 

これまでグリップやスタンスの改善からはじまり、フックフェイスのクラブに変えたりトップでの手首の向きを変えたり、試行錯誤しているにもかかわらずいまだに頻発するスライス。

 

一体何が原因でフェイスが開いてしまっているのでしょうか??

ここで、ぼくのビッグスライスの決定的瞬間をおさえたドライバーショットの動画を見てみましょう!

 

自分のスイング動画でスライスの原因を考えてみた

 

下の動画は、ぼくがいつもどおりティーショットでスライスを出した際の動画ですw。

ボールの行方がわかりにくいので、ぜひ全画面表示でじっくりご覧ください。


映像ではわかりにくいと思いますが、教科書通りのキレイな弾道のスライスです。

ダルビッシュ投手のスライダーみたいなキレのいいスライス!

 

自分で言っていて悲しくなるわw。

打った本人はまっすぐ飛ばすつもりだったというから、もう残念としか言えませんw。

 

今度はこの動画をスイングの各相に分解して、静止画で並べてみたのがアイキャッチの画像です。

 

自分のスイング動画を各相に分解して静止画で並べる

 

スライスの原因を自分のスイング動画と静止画を使って分析してみた。

スライス発生までの一連のスイングw

 

こうして静止画にして並べてみることで各相で長所、短所を見ることができますね。

では次に、1~8の各相での分析、考察を進めていきます。

 

1.アドレス

スライスの原因を自分のスイング動画と静止画を使って分析してみた。

1.アドレスは普通かな

ドライバーの割にやや前傾気味だけど、特に問題ないと思う。

アドレス以降のスイング画像と比較する際の目安として、目標とする飛球線方向と両脚の向きに線を引き、両手の位置を〇で囲んでおきました。

 

2.テイクバック

スライスの原因を自分のスイング動画と静止画を使って分析してみた。

2.右足が気になるテイクバック

グリップはいつもフック気味(ストロンググリップ)なので、テイクバックのこの位置ではフェイスも若干地面を向きますね。

スライスとは関係ありませんが、この時点ですでに右足が伸びているのが気になります。。。

 

3.トップ

スライスの原因を自分のスイング動画と静止画を使って分析してみた。

3.やっぱり右足が気になるトップ

以前は両手の位置はもっと上だったのですが、少しでもインサイドからスイングしようとしているため今ではこの位置です。

まあ、それでもスライスは出るのですがw。

また、今ではトップで右手首を甲側に折るようなこともしておらず手首の角度は問題ないと思います。

 

4.ダウンスイング その1

スライスの原因を自分のスイング動画と静止画を使って分析してみた。

4.ダウンスイング初期

この時点で腰の回転も始まり、3の写真まで見えていた奥の左足も隠れていますね。

両手がお腹のあたりにありますが、さすがにまだリリースもはじまっていません。

2本の赤線が示す角度は左腕とクラブシャフトの角度差です。

胸もまだ右を向いており、一生懸命タメをつくろうとしています。

 

5.ダウンスイング その2

スライスの原因を自分のスイング動画と静止画を使って分析してみた。

5.疑わしくなってきたダウンスイング後期w

スライスの原因を自分のスイング動画と静止画を使って分析してみた。

アドレスの時点では、おへそはボール方向

赤線で示すフェイス面はまだクローズの状態。

ですが、骨盤が4までの写真と比べて明らかに立ってきています!

つまりは、前傾姿勢が維持できずに体が起き上がってきている兆候です!

 

やばい、やばいよこれは!!

 

さらには、1.アドレスの写真と比べると両手の位置が明らかにからだから離れていっています。

 

6.インパクト

スライスの原因を自分のスイング動画と静止画を使って分析してみた。

6.問題続出のインパクト!

スライスの原因を自分のスイング動画と静止画を使って分析してみた。

アドレス時の両手の位置はここ

もう問題がありすぎて、なんだか線やら丸やら矢印がたくさんあります!(笑)

通常のインパクトでは青い矢印の向きは自分の左を向くのですが、左上を向いてしまっています。

これにより左足はすでに真っ直ぐ伸びてしまい、トップまでで蓄えてボールにぶつけるべきのスイングエネルギーは全部ボールとは逆の上方向に解放されてしまいました。。。

これにより上半身も左を向き、両肩を結ぶ黄色い線も飛球線方向の赤線と比べて開いてしまっています。

両手の位置もクラブの遠心力に引っ張られて、こんなにも身体から離れてしまいました。

 

はい、スライス確定の瞬間です!!(泣)

 

7.フォロー

スライスの原因を自分のスイング動画と静止画を使って分析してみた。
骨盤は更に上を向きます。

後からの画像ではわかりにくいと思いますが、明らかに前傾姿勢が崩れて後傾になっています。

 

8.フィニッシュ

スライスの原因を自分のスイング動画と静止画を使って分析してみた。
そしてボールはあさっての方向へ。。

唯一の救いは、胸郭の可動域が以前より広がりつつあるからフィニッシュでビシッ!と止まれるようになりましたとさ。

 

動画と静止画から読み取れない本当の原因を探る

 

前傾姿勢を維持できずインパクトで後傾になっているためスライスが出たというのが動画と静止画からわかる結論です。

しかしこれはスライスの本当の原因ではなく、現象のひとつでしかありません。

 

『だから前傾姿勢を維持しましょう。』なんてことは誰でも言えますし、なんの問題解決にもなりません。

 

本当の問題は、『なぜ前傾姿勢を維持できなかったか?』ということです。

 

その理由の一つとして考えられるのは、ゴルフスイング時に作用する遠心力と向心力(求心力)の存在です。

 

ゴルフスイングという物理運動において、ゴルフクラブは両肩を支点とした回転運動になります。

この時、ゴルフクラブはボールに向かって引っ張られる遠心力を発生する一方で、同程度の向心力も発生させます。

 

今回のスライス発生は、この向心力の作用により上体が突き上げられたことが一因と考えられます。

 

スイング時の向心力により、前傾姿勢が崩れて後傾になってしまいます。

後傾になるということは右足荷重になりインパクトポイントも必然的に後ろに下がりますが、脳はそれを補正してクラブヘッドがボールに当たるように両手の位置を調整してくれます。

しかし、この補正でスイング軌道はアウトサイドインになり、スライスが出てしまったというのが一連の考察です。

スライスの原因を自分のスイング動画と静止画を使って分析してみた。

6.向心力の影響を受けたインパクト

 

では、向心力の影響を受けずに前傾姿勢を維持するにはどうすればいいのでしょうか?

 

向心力の影響を受けないゴルフスイングは、物理運動においては存在しません。

向心力の影響を受けながらも前傾姿勢を維持する『力』があればいいんです。

その『力』で向心力を相殺すれば、前傾姿勢を維持した正しいスイングができます。

 

では、インパクトでも前傾姿勢を維持する力とはどんな力なのでしょう?

前傾姿勢はからだのどのような状態なのでしょうか?

 

ここからは身体のプロの中村トレーナーに実際に伺ってみたいと思います。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

こんな1年以上続くスライス対策の試行錯誤にも、最近ようやく目途がつきつつあります。

そのスライス解消の次善策が、重心移動です。

スライスの原因を動画と静止画を使って分析してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です