現役プロゴルファーによるデザイン・監修のゴルフウェアショップ 『2CY』

2cyショップ

トップやダフリを予防する 大腿四頭筋ストレッチ

トップやダフリを予防する大腿四頭筋ストレッチ

 

こんなゴルファーにオススメ

 

トップやダフリを直したい

 

アプローチする筋群、関節について

 

  • 大腿四頭筋
  • 腸腰筋

 

大腿四頭筋ストレッチのメリット

 

大腿四頭筋は膝を伸ばす筋肉であり、
ハムストリングスと協同して働いて
踏み込み時に膝関節を安定させています。

そして、ゴルフのスイングにおいては
膝の高さがアドレスからダウンスイング初期まで変わらないことが

トップやダフリを予防する重要な要素の一つです。

インパクトでは左膝関節は伸びきって
骨盤を回旋させていますから、

大腿四頭筋の柔軟性はインパクト時の踏み込みだけでなく、
飛距離や方向性にも関係してきます。

このストレッチで大腿四頭筋を柔軟にして働きを良くしましょう。
太もも前面の筋肉である大腿四頭筋 はスイングだけでなく、
歩行や階段昇降、立ち上がり動作などでも
絶対に必要な筋肉です。

また腸腰筋は股関節前面を安定化させる筋肉で、
腸腰筋が硬くなることで腰が反ってしまう原因にもなります。

ストレッチにより踏み込みの効率化、腰痛の予防を図りましょう。

 

大腿四頭筋ストレッチの解説

 

横向けに寝て、下側にある腕を曲げて頭の下に置きます。

つま先を持って、かかとがお尻につくように後ろに引きます。

この時、股関節前面とももの前側が
しっかりストレッチされていることを意識しましょう。

10~15秒ほど行ったら反対側も同様に行います。

 

 

トップやダフリを予防する大腿四頭筋ストレッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です