現役プロゴルファーによるデザイン・監修のゴルフウェアショップ 『2CY』

2cyショップ

正しく腕を使って飛距離を伸ばすラランプッシュアップ

正しく腕を使って飛距離を伸ばすラランヌプッシュアップ

 

重要!

アスリート向けの難易度MAXのトレーニングです。

体幹筋の弱い方、自信のない方は
スタビライゼーションの他のエクササイズで体幹の基礎力を身に付けて下さい。

 

こんなゴルファーにオススメ

 

姿勢の改善
軸ブレ防止
飛距離アップ
再現性の改善

 

アプローチする筋群・関節について

 

インナーユニット
腹直筋
腹斜筋群
肩甲骨周囲筋
ローテーターカフ
大胸筋
広背筋
上腕三頭筋の強化、学習

 

ラランプッシュアップのメリット

 

体幹筋の弱った方はこのポジションを取ることも困難です。

また、誤って脊柱起立筋を強く働かせてしまう人は
腰痛になる可能性もあるので要注意です。

本エクササイズは体幹を鍛えるために行いますが、
肩甲骨周囲の筋群や肩関節周囲の筋群により肩を安定化させる必要があり、
それらを鍛えることができます。

さらに腕で身体を上下に動かすことにより
広背筋上腕三頭筋を鍛えることができます。

広背筋は体幹回旋筋群の後面を担う筋として重要であり、
さらに腕を振り下ろす際にも主動作筋となります。

また、広背筋はトップからインパクトにかけて加速役として、
さらにインパクトからフォローにかけてブレーキ役として重要です。

また、ゴルフスイングの肩関節の運動は
剣道と同様に上下であるため、
広背筋を鍛えることで腕を早く振ることができるといえます。

上腕三頭筋は肘を伸ばす筋肉です。

ゴルフスイング中、左肘はフォロー後期まで曲がることがなく、
右肘を伸ばす運動は飛距離と大きく関わるために重要といえます。

難易度が非常に高いラランプッシュアップですが、
体幹筋強化とあわせて、飛距離アップに必要な肩、腕まわりの筋群を
効率よく強化できるトレーニングです。

 

ラランプッシュアップの解説

腕立て伏せの状態から両手を肩幅くらいに広げたまま、
顔が床面から30cmくらいになるまで前に押し出していきます。

この時はドローインのままからだをまっすぐに保ちます。

そこから、ドローインの状態を維持しながら、
身体を床面に近づけるように下に下げていきます。

非常に負荷が高いトレーニングですので、
5回くらいの回数で結構です。

先ほども申し上げたように、正しくドローインができていなければ
この体勢を維持することすら困難なだけでなく、
肩や腰などを傷めてしまう可能性がありますのでご注意ください。

はじめはドローインの状態をつくり、
この体勢を10秒ほど維持するだけでも一定のトレーニング効果があります。

体幹部の筋群だけでなく、
上腕三頭筋、広背筋なども意識しながら行いましょう。

 

正しく腕を使って飛距離を伸ばすラランヌプッシュアップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です