現役プロゴルファーによるデザイン・監修のゴルフウェアショップ 『2CY』

2cyショップ

姿勢を決定づけるのは筋肉ではない

姿勢は骨の位置により決まり、 トレーニングによって筋肉が強くなれば 姿勢が良くなるという事は決してない。

さて、ではインナーマッスルを鍛えれば
姿勢が良くなるかと言うと、一概にはそうとは言えません。

なぜなら、姿勢は骨の位置により決まります。

骨の位置は骨の形状そのものや
関節周囲の結合組織などにも影響されるため、

筋肉が強くなれば姿勢がよくなるということは決してありません。

現在、巷に出回っているトレーニング系の雑誌などをみていると、
『姿勢がよくなるトレーニング』とうたい、
お腹や背中周りに負荷をかけるトレーニングを紹介しているものがありますが、

あのようなトレーニングのみで、姿勢が正しくなる事はありません。

骨格のページでは、

骨格は骨単体で形成されているのではなく、
骨と骨をつなぐ関節や、周辺の筋肉により支えられることで、
常に一定の姿、状態を保持することができています。

とご紹介しましたが、

筋肉はあくまで骨の位置、配置を支えて維持するという、
姿勢を作り出すうえでの2次的機能の側面があるという事であり、

エクササイズ、トレーニングによる
筋肉の働きのみで骨の位置、配置を改善することは不可能です。

すなわち、姿勢を正すために大切なことは
骨と骨で構成される関節に歪みを作らないことです。

一つひとつの関節が正しい位置に配置されれば
全体的に姿勢が良くなることは容易に想像できます。

また、歪みのない関節は運動エネルギーを
効率よく伝達させることができるため、

最大のパフォーマンスを発揮することができ、
筋肉も強く働かせることができます。

つまり、正しい姿勢の作り方とは、一つひとつの関節の歪みを正すこと
大前提となるわけです。

ですが、ここでひとつの疑問にぶつかります。

身体の奥深くにある骨の位置、配置をどのように変えるのか?
ということです。

整体、マッサージ、カイロプラクティックなど
身体の筋肉や関節をほぐして整えてくれるものはいくつかありますが、

身体の深層、内側にある筋肉に対して手技でアプローチすることは
物理的に困難であり、

ましてや最深部の骨に対して手技でアプローチして、
且つ、その位置、配置まで整えるというのは容易ではありません。

また、仮に可能であったとしても、
その施術を受けるための時間と経済は決して小さいものではありません。

週1回(1回4,000円60分)として1か月に4回通うと
4,000円×4回=16,000円
1年間通うと 16,000円×12=192,000円/年!

また、姿勢を支えるのはインナーユニットという深層の筋群であるという事は、
これらの施術により物理的に骨の位置、配置が変わったとしても

インナーユニットが正常に機能していなければ、
骨の位置は元の歪んだ位置に戻ってしまうため、

貴重な施術費用のほとんどが無駄になってしまうという事です。

では、骨の位置を改善し、正しい姿勢を取り戻すうえで
人の手を頼らない、時間とお金をかけない方法なんてあるのでしょうか?

次のページでは実際にプロアスリートたちが採用している
人の手を頼らずにできる正しい姿勢を取り戻す方法をご紹介しますので、

お楽しみに!

 

 

 

姿勢は骨の位置により決まり、 トレーニングによって筋肉が強くなれば 姿勢が良くなるという事は決してない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です