現役プロゴルファーによるデザイン・監修のゴルフウェアショップ 『2CY』

2cyショップ

ゴルフスイングの土台となる骨盤の役割

骨盤は、腸や内臓を包み込むような形をして 上には背骨、下に股関節を配していることから、 全身を支える土台のような役割があるため、 骨盤という土台の安定化をはかることで、ヒト本来の運動機能の活性と理想的なゴルフスイングを追求します。

 

骨盤は、中央の仙骨・尾骨と左右両端の寛骨から構成されており、
仙骨と寛骨で仙腸関節を構成しています。
その形状は腸や内臓を包み込むような形をしています。

ゴルフのスイングにおいては股関節の動きがとても重要となるため、
この骨盤の在り方も同時に非常に重要な要素となります。

体の中心にあり、骨盤の上には背骨、下に股関節を配していることから、
全身を支える土台のような役割があります。

このような役割を持つことから、
骨盤がずれたり歪みが生じたままの状態でほおっておくと、
身体に不調を来すことは容易に想像できます。

本サイトでは脊柱同様、骨盤周辺の筋肉を強化することで
骨盤という土台の安定化をはかり、
ヒト本来の運動機能の活性と理想的なゴルフスイングを追求します。

 

 

 

骨盤は、腸や内臓を包み込むような形をして 上には背骨、下に股関節を配していることから、 全身を支える土台のような役割があるため、 骨盤という土台の安定化をはかることで、ヒト本来の運動機能の活性と理想的なゴルフスイングを追求します。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です