ミスショットをナイスショットに変換するイメージスコアリングとは?

ミスショットをナイスショットに変換するイメージスコアリングとは?

 

前回は、成功イメージを記録、記憶して強化するためのサクセスライブラリーについて解説しました。

しかし、なんといっても最大の難題は、初心者はナイスショットはほとんど出ません。

 

ラウンドになるとなおさらナイスショットは出ません。

この間まで初心者だった自分には痛いほどよくわかります。

  • ミスショットばかりでゴルフが嫌いになりそう
  • せっかくだからもっとゴルフを楽しみたい
  • ひとつのミスで一喜一憂しないメンタル、精神力を持ちたい

 

きっとこう考えている初心者ゴルファーさんは多いのではないでしょうか?

 

しかし、イメージスコアリングをマスターすることで、

 

  • 自分のゴルフに自信が持てるようになる!
  • ひとつのミスを気にしなくなる!

なにより今まで以上にゴルフがもっと楽しくなります!

 

なにより、このメソッドはゴルフ以外にも応用が可能です。

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

なぜ、イメージスコアリングが必要なのか?

1つのミスが取り返しのつかないミスを引き起こすリスクがある

 

ひとつのミスをきっかけに、同じようなミスを連発してしまうことが多々あります。

ひとつのミスだけなら取り戻すことも可能ですが、何度もミスが続いてしまうことで取り返しがつかない結果を招き、その日一日のスコアやテンションさえも決定づけてしまいます。

 

ゴルフに限らず、ミスをしてしまったという悪いイメージが、脳の中で過去のミスの記憶と結びつき、その悪いイメージが強固なものになってしまいます。

 

特に、自分のミスで負けてしまったという重大な過失、経験があると『ミスそのものが負け試合である』という深刻なイメージが脳から全身に伝えられます。

そして同時に、不安や恐怖といった心理的影響だけでなく、それによる過度の緊張、発汗といった生理作用も見られるようになります。

 

多くの場合、それらはプレイやパフォーマンスに大きな影響を与え、外向的な性格の強い人ほど他人の目、評価を必要以上に気にする傾向があります。

 

良いプレイをしているときには『みんな自分のことを見てくれている。評価してくれている』というポジティブに作用します。

しかし、ミスをしてしまったときには『なんて自分はかっこ悪いのだろう』、『みんなからどのように思われてしまっただろう』という、不安不信感に襲われてしまいます。

 

こうしたミスによる心理的作用や生理反応を引き起こさないためにも、ミスそのものに対する考え方や解釈を変える必要があります。

 

 

ナイスショットとミスショットの違いは何?

ミスショットをナイスショットに変換するイメージスコアリングとは?

ナイスショットとミスショットの違いは??

あなたが定義するナイスショットとは、どのようなショットのことですか?

思い描いた通りの100点満点のショットのことですか?

 

そんなショットはプロでもほとんどありません。

ましてや、上級者になればなるほど技術レベルが上がるため100点の水準も必然的に上がります。

 

したがって、100点満点のショットはほとんどのゴルファーが経験することはないとすら言えます。

 

ここで、一般的なナイスショットとミスショットの定義に考えてみましょう。

 

一般的なナイスショット

  • 狙い通りの場所に飛ぶ
  • というより自分が想像していた以上に良い当たり(軽いインパクト、心地よい打球音)、きれいな弾道、狙った方向に飛んだショット(これが一番多い)

 

一般的なミスショット

上のようなナイスショット以外

 

こうなるとほとんどすべてのショットはミスショットになってしまいます。

特に、私たちアマチュアゴルファーの場合は1日の大半、いや90%以上はミスショットになってしまいます。

 

 

ナイスショットとミスショットを再定義する

 

これまでに述べたように、自分のショットに対する評価や解釈を変えなければあなたのショットの多くはミスになります。

これを回避してナイスショットを多くするためには、方法は2つしかありません。

 

  • 本気で学び、努力して技術を磨く。
  • ナイスショットやミスショットの基準を変える。

 

もちろん、本気で学び努力して技術を磨くというスタンスも重要です。

しかし、多くの月1ゴルファーにとって技術向上のための時間と経済をねん出することは非常に壁が高いです。

 

しかし、今すぐ自分の考え方や評価基準を変えるには全く時間とお金がかかりません。

今すぐあなたのナイスショットとミスショットの基準を変えるべきです。

 

成功イメージを強化するには、ナイスショットではないボールをどのように解釈するか、が非常に重要となります。

 

そこで、イメージスコアリングでは自分のすべてのショットを6段階で評価します。

  1. とても良い
  2. よい
  3. まだ大丈夫
  4. ぎりぎりセーフ
  5. 悪い
  6. 最悪!

 

多くのゴルファーが自分のナイスショットに気づいていないという理由は、記録していないという理由のほかにもあります。

 

それこそが、ナイスショットの基準です。

多くのゴルファーの基準は、OKかNGか?の2択です。

 

ナイスショットではない=OKではない=NGというロジックしか存在しないため、自分のショットに全く良いイメージが持つことができていません。

それをこの6段階評価にすることで、NGの評価を限定的なものにしてより多くの成功イメージを強化していくことが可能になります。

 

カギを握るのは【4.ぎりぎりセーフ】です。

『あー、ミスしたなー!』というネガティブな気持ちになるのではなく、『やったー!ぎりぎりセーフ!』というポジティブな考えで臨むだけで心理的なストレスから解放されます。

 

それでは、具体的なイメージスコアリングの使い方を解説していきます。

 

 

イメージスコアリングでゴルフをもっと楽しむ方法!

やっぱりゴルフは楽しくないとね!

やっぱりゴルフは楽しくないとね!

イメージスコアリングは、ショット前の成功イメージと比較して実際のショットを6段階で評価する方法です。

 

1.イメージする

以前お話したように、イメージ方法は内的イメージと外的イメージの2通り。

内的イメージで打球の方向や弾道をイメージし、外的イメージでその弾道を実現するためのスイング動作や筋肉、関節の動きをイメージします。

 

2.宣言する

次に、結果ではなくプロセスに宣言しましょう。

つまり、距離や落下点といった『結果』ではなく、それを得るためのあるべきプロセスを達成するように宣言します。

 

宣言というのは、心の中で自分自身に宣言したり同伴者さんに宣言するのもOKです。

いずれにせよ、目指すべきプロセスを宣言によって強く約束するという目的です。

    • 頭を動かさない
    • ボールを見続ける
    • フィニッシュをしっかりとる

 

もちろん、宣言するべき内容は人それぞれです。

1.のイメージを持ったまま、しっかりと集中してスイングしましょう。

 

3.イメージ通りのプロセスでスイングができたか評価する

ここでは実際にショットしたボールとショット前のイメージを比較して、6段階で評価します。

  1. とても良い
  2. よい
  3. まだ大丈夫
  4. ぎりぎりセーフ
  5. 悪い
  6. 最悪!

全くイメージ通りのスイングでイメージ通りのボールが打てたのであれば、文句なしの1点!

しかし、しっかりとプロセスをイメージしてイメージ通りのスイングをしたつもりでも、イメージ通りの打球=結果が出るとは限りません。

 

そんな時でも、よほどのひどいミスショットでない限りはプロセスが宣言通りにできていればほとんどの場合は1~3点でいいでしょう。

それくらい、結果を気にしなくてもいいということです。

 

内的イメージ、外的イメージがしっかりできていて、注意すべきプロセスもしっかり意識できていれば結果にも大きなトラブルはほとんどないはずです。

 

では逆に、5.悪いや6.最悪!はどのような時に使うのでしょうか?

実はぼくはこの点数を使ったことがありません。

 

練習やラウンドでミスをしたことがないからではありません。

ミスを記録して覚えていたくないだけですw。

 

そりゃあ、練習でもラウンドでもいまだにスライスやシャンクなどのミスが出ます。

でも、昔に比べて本当に頻度が減りました。

 

10球か20球に1回あるかないかです。

そんなレアなトラブルの原因も自分でわかっています。

忘れたころにやっぱり初歩的なトラブルが出てしまうんです。

 

しかし、そんな頻度の少ないミスショットをわざわざ記録して覚える必要はありません。

 

打った後の気持ちの持ち方がわかると、このように悪い記憶を意図的に消せます。

というより、記憶しなくなります。

 

良い記憶を保存し、不要な記憶を作らないことで気持ちの持ち方を維持することもイメージスコアリングのメリットです。

 

4.ほめる!ひたすらほめる!!

できた時は『できた!』と断言してください!

決して『まあまあできたと思うけど』なんて中途半端な言葉ではいけません。

 

自分で自分のことをほめることができなくて、いったい誰が自分のことをほめてくれますか?

 

自己承認は人に安心感を与えると同時に、人がもつポテンシャルを最大限に引き出します。

たくさん自分をほめて、いい気分でゴルフを楽しみましょう!

 

 

まとめ イメージスコアリングで人生をもっと楽しもう!

 

昨日までのベストスコアが90だった人も、今日のラウンドで89が出たらベストスコアは89です。

しかし、当たり前ですがベストスコアは常にたった1つしかありません。

 

これだけゴルフが大好きなのに良い結果は1つしかないというのは、なんともさみしいですよね。

 

イメージスコアリングでこれまでミスショットと思っていたショットがOKショットになる。

つまり、ネガティブの中からポジティブを探すイメージスコアリングはプラス思考の賜物とも言えます。

 

以前もお話したようにゴルフスイングに正解やマニュアルなんてありません。

あるのは最適解だけです。

 

 

これまでミスショットと思っていたボールもイメージスコアリングでぎりぎりセーフになることで、

  • 自分のゴルフに自信が持てるようになった!
  • ひとつのミスを気にしなくなった!
  • ゴルフがもっと楽しくなった!

 

というゴルファーが1人でも増えてくれると嬉しいです。

 

人生においても同じで人生にも正解やマニュアルはありません。

あるのは、人それぞれの生き方、楽しみ方という最適解だけです。

 

 

これまでNGと思っていた過去の思い出や出来事も同じように解釈をスライドさせてしまえば良い思い出になるのかもしれません。

 

少しでも楽しい良い思い出を増やすことができるポジティブな生き方を目指したいものです。

 

キレイにまとまったところで終わります(笑)。

それでは、また。

 

ミスショットをナイスショットに変換するイメージスコアリングとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です