【ゴルフの神髄】稲村亜美のドライバー神スイングの分析とおすすめの『最新手打ち改善アイテム』をUSサイトで見つけたよ!

 

なんか最近、曇りや雨のお天気ばかりですね。

来週のラウンドも今のところ雨の予報でちょっとゆううつ。。。

 

そんな下がりきったテンションも彼女のおかげであっという間に上がっちゃいました!

このサイトでも何度か紹介した稲村亜美さん。

本日放送の『ゴルフの神髄』で彼女らしい元気で真っすぐ(?)なプレイを見せてくれました。

 

ゴルフ番組を観ていて腹抱えて爆笑したことなんて初めてw!

いやあ、新鮮でした。

 

今日は本日放送された『ゴルフの神髄』で見せた稲村亜美さんのラウンドデビューの模様をご紹介します。

 

稲村亜美さんのラウンドデビュー

今週のゴルフ場は千葉県袖ケ浦市のカメリアヒルズカントリークラブ。

もちろん行ったことはありませんが、広そうでとてもきれいなゴルフ場です。

 

今回はゴルフの神髄レギュラー陣とゲストの葭葉ルミプロの4人が、深堀プロ&稲村さんペアと渡辺さん葭葉プロのペアに分かれての3ホールペアマッチ。

深堀プロ&稲村さんペアは各ホール少なくとも1打を初心者の稲村さんがプレー。

そして、稲村さんは3ホールに1回のみパッティングしなければいけないというルール。

 

最初のホールは1番ホール537ヤードのパー5

少し打ち下ろしの左ドッグレッグ

 

オナーの渡辺さんのティーショットはあたりが悪く左どなりのホールへ。

葭葉プロのドライバーはすごく軽く振ったように見えましたが真っすぐ飛んでフェアウェイをキープ。

これに対抗すべく深堀プロが準備しましたが、ここで稲村さんが『待った!』をかけて稲村さんがティーショットを打つことに!

 

いよいよです!

神スイングのドライバーがお披露目されます!!

ティーグランドの緊張感がこちらにも伝わってきます。

 

稲村亜美さんのドライバー神スイングの結末は?!

稲村さんご本人も初のドライバーに不安はあったかと思いますが、深堀プロに『打てる?』と聞かれても決して断らず『打てます!』と後ろに引かないところを見ると、野球経験もあることから体育会系の性格であると思われますw。

不安があっても積極的な人は、見ていて清々しい!

個人的にはとても好感が持てます!!

 

失敗してもフォローしてあげたくなるし、どんどん前に出てチャレンジしてほしいですね。

彼女の素振りを見てやっぱり不安になる深堀プロでしたが、それでも彼女のチャレンジを送り出すところがさすが!

 

そして、高めのティーアップから放たれた稲村亜美のドライバーショットは…?

 

 

右の林へまっしぐら!!

 

フェアウェイで待機していたカメラマンさんも、カメラを林方向へ振り回す慌てっぷり!!

仏の深堀プロが『全然ダメ!』と若干のキレっぷりを見せることなんて、めったにありません!!

このシーンは、稲村亜美さんのドライバーと同じくらい貴重なシーンではないでしょうか。。。

OBは免れたものの飛距離もそんなに出ていません。

 

稲村亜美さんのドライバー神スイングを分析してみたら…

ぼくは普段、自分以外の人のスイング分析なんて、おこがましくてやりません。

でも、彼女のスイングはスローで見て右の林に打ち込んだミスショットの原因がすぐにわかりました。

 

なぜなら、以前のぼくのスイングとほとんど同じだったからですw。

 

トップまではそんなに悪くなかったと思うんです。

オーバースイングでもないし。

ただ、典型的な『手打ち』だと思います。

 

ダウンスイングでクラブが下に下がるにつれて、左肩は外に開いていき頭も上に上がっていきます。ヘッドアップですね。

体は回っていますが後傾のままなので重心は右足に乗ったまま。

だから、余計に体が回っていくと胸と肩が開いていきます。

こうなると、腕や手もボールから離れるのでアドレスの位置に腕や手を戻すことができません。

 

 

そのため、結果的に稲村さんの場合はヘッドの先端にボールが当たってインパクトの衝撃でフェイスが思い切り右を向いたため、ボールも右に飛び出した。

という訳です。

 

稲村亜美さんのドライバー神スイングを分析1

白丸はアドレス時の手の位置

稲村亜美さんのドライバー神スイングを分析1

インパクトで手の位置がここ!

右の写真を見てお分かりの通り、稲村亜美さんのスイングとの共通点が多く見られます。

  • 後傾
  • 肩が開いて胸が前方を向きかけている
  • 手で打ちに行っているため、インパクト時の手の位置がアドレス時の手の位置が異なる。

 

当然、スイング軌道はアウトサイドインになりやすいので、スライスがでやすくなります。

 

初心者の方の多くのスライスは『手打ち』によるものだと思います。

手や腕はあくまで体の回転に同調させる、という意識を持つことが手打ちを改善するコツのひとつだと思います。

 

日本未発売の『最新手打ち改善アイテム』はこれだ!

そこで、手打ちでお悩みの方にこんなおもしろいものを見つけましたよ!

アドレス時の手や腕の形を維持したスイングを意識させるために、このThe GolfSwingShirtsに腕を通してスイングすることで、グリップを体から離さずに手で打つことを強制的に抑制するというものです。

 


The GolfSwingShirtsを試したおじさんの中にはあまりの自分のスイングや打球の変わりように、『オーマイガー!!』と驚いていますw

 

ただし、デメリットがいくつかあります。

  • ・$69~とお求めやすい価格ですが、US限定のため日本未発売!
  • ・練習場で着るにはちょっと恥ずかしいw!

でも、体を使ったスイングを体感するには合理的な練習器具のひとつだと思います。

 

サイズは、ジュニアの2号から最大7号まで。

色は、オレンジ、ブラックの2カラー。

念のため、The GolfSwingShirts公式サイトはこちら

他にもUSアマゾンでも販売しています。

 

稲村亜美さんのドライバー神スイングの分析のまとめ

プロや人のスイングを見て学ぶことは非常に大切ですが、一番有効なのは自分のスイングを動画で撮影して見直すことです。

ユーチューブなどにあがっている他の人のスイングを見た後に自分のスイングを見ると、具体的にどこがどのように違うかがハッキリとわかります。

 

練習場でひとり黙々と練習していても、上手に打てるようにはなりません。

正しい知識とイメージをもって、具体的に改善していくことが上達の早道です。

そのうえで、今の自分に有効な練習器具などを選択し、練習の効率を上げていけるといいですね。

 

それでは今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です