エクストリームゴルフのコースレイアウトと攻略法を徹底解説!

エクストリームゴルフのコースレイアウトと攻略法を徹底解説!

先日ご紹介したエクストリームゴルフについて、コースレイアウトから攻略法まで徹底的に解説します。

次回、エクストリームゴルフが開催されるときの事前情報としてお役立ていただき、万全の準備をして本番に臨みましょう!

 

エクストリームゴルフとは?

2015年、既存の枠にとらわれず地球を舞台に遊ぶ大人たちの車として、日産が新型エクストレイル ハイブリッドを発表。

そのPRキャンペーンとして通常のゴルフ場から飛び出し、あらゆる地理、地形の中で行うエクストリームゴルフを企画、開催。

新型エクストレイルはエクストリームゴルフの公式カート(!)として採用されています。

 

18ホールをリタイアせずにホールアウトした選手には、副賞として10万円が!

さらに優勝者にはエクストリームゴルフの公式カートであるエクストレイル ハイブリッドがプレゼントされました!

 

【公式】日産 新型エクストレイル キャンペーンページ

【公式】日産 新型エクストレイル キャンペーンページ

『ヤっちゃえ 日産』と言っていた会社が、ある意味本当にヤってしまった…というくらい、とにかく桁外れな企画です。

 

エクストリームゴルフはこんな人におすすめ

  • たまにはハメを外してみたいと考えている人
  • ハメを外すことが常習化している人
  • 普通と同じが嫌というパンクな人
  • 日ごろたまったストレスを発散したい人
  • 困難に挑戦したいというM気質な人

 

エクストリームゴルフはいろんな意味で規格外。

『こんなのバカげてるよねー』とか、『ゴルフじゃないよねー』という方にはおそらく向いていませんw。

 

エクストリームゴルフのルールは?

各ホールに設定されたタイムリミットまでにホールアウトすること。
各プレイヤーのホールアウトまでのタイムを計測。最も遅かったプレイヤーには5打のペナルティーを追加。

その他にも基本的なゴルフのルールに準ずるだけでなく、安全、迅速な大会運営のためのルールが設定されている。

 

おもしろいルールとして、『暫定球の使用を原則として認めていない』という点です。

暫定球ルールとは

通常のゴルフの場合、自分が打ったボールが林や池のほうに飛んでしまって、もしかしたらボールがなくなっているかもしれない、次の打席でちゃんと打てるかどうかわからない、という場合に『暫定球打ちまーす』と言って、1打追加した後に同じ場所から打つことができるというルールです。

 

暫定球の使用を原則的に認めない理由は、たとえ大自然の中で行うエクストリームゴルフであっても、自然環境に影響を与えないというエクストリーマーの精神に則るためとのこと。

 

エクストリームゴルフはただでさえ通常のゴルフ場と違ってボールを失くしやすい山やら川やら砂浜やらという自然環境の中でゴルフをやるにもかかわらず、暫定球の使用を認めないということは、自分が打ったボールを探すだけでも相当苦労するはずです。

ゴルフしている時間より、ボールを探す時間が長くなる可能性も大!

ボールを探す時間が長くなると、タイムリミットも迫り5打罰で順位を落とすかも!?という緊張感も生まれますね!

 

でも、自分が打ったボールをひたすら探すなんて、ぼくのようなベテランスライサーには日常茶飯事だから特に驚きませんけどね。

ベテランスライサーとは

自分が打った打球を自分の意と反して常に右に曲げる技術に長けているものを指す。

その結果、打球は常にコース右の林やコースに飛び込むことが多いが、後続組のご迷惑にならないよう極めて迅速に見つけ出すという特殊技術も身につけているものが多い。

 

エクストリームゴルフのコースレイアウト

1ホール AIR STRIP ドラコン滑走路

874ヤード パー5(茨城県 竜ケ崎飛行場)

エクストリームゴルフ 1ホール ドラコン滑走路

遠すぎ。

 

いきなりのロングホールは飛行場の滑走路を利用した800ヤード越え!

通常のミドルホールの約2倍。

 

もちろん、ティーグラウンドからはピンも見えない距離。

フェアウェイ(?)両脇には深いラフがあり、真っすぐ飛ばすことができない弱者を苦しめること必至!

スライサーには危険なホールだが、いつものようなOBがないから、逆にうれしいかも?

 

2ホール MAD HAZARD マッドハザード

236ヤード パー4(千葉県 ウインズMXパーク)

3ホール MOTOCROSS 波打つフェアウェイ

202ヤード パー4(千葉県 ウインズMXパーク)

 

2、3ホールはモトクロス場を利用したコース。

ゴルフ場では見たことがないレベルの勾配や斜面があるだけでなく、モトクロスコース特有のぬかるみがプレイヤーの機動力を奪う。

おそらくこのホールから、シューズの汚れとか気にならなくなると思われるw。

 

4ホール ROCKY HILL 不条理な岩礁

121ヤード パー3(栃木県 岩船山採掘場)

エクストリームゴルフ 4ホール 不条理な岩礁

打ち下ろしすぎ。

切り立った山の頂上にあるティーグランドから40ヤード近くの打ち下ろし!

距離感も何も関係ないわw!

 

5ホール ROCKY HILL 悪魔の谷越え

203ヤード パー3(栃木県 岩船山採掘場)

エクストリームゴルフ 5ホール 悪魔の谷越え

っていうか、超える気せんわ、こんなのw。

約10メートルの砲台グリーンはもはや壁!

ボールが壁の向こうのグリーンに乗らなければ最後、どこに転がるか誰も予測できない。

 

6ホール UNDERGROUND MAZE 暗闇の地下迷宮

123ヤード パー4(栃木県 大谷資料館)

7ホール THRONE ROOM 玉座の間

45ヤード パー3(栃木県 大谷資料館)

 

飛ばすだけがゴルフじゃない!

暗闇の建物内にあるカップに近づくにはボールを壁にあててビリヤードのような反射を利用する。

 

8ホール RUBBLE GREEN 瓦礫のグリーン

165ヤード パー3(茨城県 高萩工場跡地)

エクストリームゴルフ 8ホール 瓦礫のグリーン

スライスして廃墟の窓から中に入ったら2度と出れない?

9ホール ROOFTOP GREEN 天井の落とし穴

120ヤード パー3(茨城県 高萩工場跡地)

120ヤード先の建物の屋根はすり鉢状になっており、中央に穴が開いている。
その穴の真下にカップがある

10ホール EVICTED HAZARD 人の造りしハザード

180ヤード パー4(茨城県 高萩工場跡地)

 

11ホール UNPREDICTABLE PUTTING LANE 悪夢の吊り橋

29ヤード パー2(宮城県 小原温泉湯元吊り橋)

エクストリームゴルフ 11ホール 悪夢の吊り橋

ラインとか関係ないよねw 祈るしかない。

ピンまで一直線の29ヤードは空中に浮かぶ橋の上!

ショートコースだけど、ちょっと手元が狂うだけで大事故に。

 

12ホール SNEAKY STAIRS 蛇の石段

143ヤード パー4(岩手県 岩山散策路)

13ホール TREKKING FAIRWAY トレッキングフェアウェイ

352ヤード パー4(岩手県 岩山散策路)

コースの横に散策路があるのではなく、散策路の茂みの中のコース。

 

14ホール FLOWING WATER HAZARD 流れるウォーターハザード

60ヤード パー3(岩手県 御堂新田の滝)

エクストリームゴルフ 14ホール 流れるウォーターハザード

水の中の卵じゃないよ、ボールだよw

 

ティーグラウンドは滝の上に設けられており、コースの90%がウォーターハザードというなかなかイカしたコースw。

川の流れがボールをとらえたら最後、下流までボールを引きずり込む恐れも。

 

15ホール HELL’S BUNKER 地獄のバンカー

2222ヤード パー12(青森県 小田野沢の砂浜)

エクストリームゴルフ 15ホール 地獄のバンカー

バンカーというより、砂漠みたいなホールw

エクストリームゴルフの人気ホール(?)は直線2kmオーバーの砂浜。

ドライバーで250ヤード打っても8回以上打たなきゃいけません。。。

そもそも、2打目以降はドライバーが打てるかも不明w。

かといって、通常のバンカーのようにサンドウェッジなんかでちまちま刻んでいられない。

 

気になるのはボールの飛距離だけじゃない。

当然、自分も同じ距離を走って移動いなければいけない。

 

つまり、2キロ以上の砂浜をゴルフバッグを担いで走るという、想像するだけで過酷なホール。。。

 

16ホール DEAD END DESART 地獄の終着駅

230ヤード パー3(青森県 尻労の砂浜)

17ホール NEVER ENDING ROUGH 永遠のラフ

478ヤード パー4(青森県 尻屋崎)

18ホール JOURNEY’S END 冒険の終焉

200ヤード パー3(青森県 尻屋崎灯台)

エクストリームゴルフ 18ホール JOURNEY'S END 冒険の終焉

いよいよ馬も出てきましたw。

4日間をかけて戦ってきたエクストリームゴルフも、いよいよ感動のラストホール!

お馬さんたちも応援してくれていますね!

野生の馬がいるところでゴルフなんて、普通できないですよね!

 

エクストリームゴルフの必勝攻略法!

手っ取り早い必勝法は、今回出場した3名の選手に直接聞くのがベストですが、今回は独断で必勝法を分析!

 

シューズは状況により選択せよ!

渓谷やぬかるみではゴルフシューズは危険なため、スニーカーやトレッキングシューズなどをホールによって使い分けるべし!

 

使用するゴルフクラブ&バッグは厳選せよ!

通常のクラブセッティングの入ったゴルフバッグでは15kg近くあるため、移動するだけで相当体力が削られます。

したがって、限られた体力のなかで機動力を生かすために、移動時の重量は減らしておきたいところ。

 

まずは使用するゴルフクラブ。

どのホールも距離感を出す必要がないため、FWやUTはまずいらない。

ドライバー、6I、PW、SW、PTくらいで何とかなりそうな気がする。

 

重要なのは、やはりゴルフバッグ。

ゴルフクラブを減らせたのなら、これくらいのバッグで機動力を確保したい。

 

好き勝手に言わせてもらっていますが、今回出場した3選手もまさかこんなにハードだと分かっていたら、クラブもバッグも減らしてきていたと思う。

自分でバッグを担いで18ホールを戦い切ったのは、本当にすごいと思います!

おつかれさまでした!

 

エクストリームゴルフ 18ホール 感動のラスト!

一緒に戦った仲間は戦友です!感動するわー!!

 

最後に、気になるエクストリームの次回開催スケジュールは?

なんと、未定ですw。

 

エクストリームゴルフのちょっと真面目なまとめ

未知、未経験な環境や経験は、何らかの形で人にストレスを与えます。

そして、過酷な環境になればなるほど人の本性が必ず顔を出します。

『なんでこんなことしているんだろう?』、『なんでこんなことをやらなければいけないんだろう?』という疑問を抱かせ、周りの人間に感情的になったり、自虐的な態度、行動にでることもあります。

それが普通です。

 

でも、ぼくはこのような過酷な状況に直面した時に自制し、自律できる人物でありたいと考えています。

過酷な状況であっても、みんなの不安を少しでも減らして安心させてあげられる人でありたい。

 

普通に生きてても、過酷と思われる状況のひとつやふたつ、必ず出会います。

その時に、自制、自律できるかは、過去の経験によるところが大きいと思われます。

 

つまり、エクストリームゴルフでも何であっても、自分の思考の枠外の経験、体験をすることで、これから出会うであろう過酷な状況での対応の仕方や判断、感情の揺さぶられ方が必ずポジティブに変わります。

いわゆる、『自信』がもたらすチカラです。

 

恐らく今回エクストリームゴルフに参加した3選手は、エクストリームゴルフによってゴルフの技術が向上したということはほとんどないと思いますが、4日間あれだけ過酷な状況に身を置いたことで、圧倒的に強靭な精神力を手に入れたと思います。

そして、その自信や精神力は今後のゴルフだけではなく、仕事や私生活においても周りの人たちに安心感を与えることができるのではないでしょうか?

 

残念ながらエクストリームゴルフに参加するチャンスは今のところありませんが、常に新たなことにチャレンジを経て成長し、有事の際にも周囲を安心させてあげられる人物でありたいものです。

 

 

 

 

 

 

エクストリームゴルフのコースレイアウトと攻略法を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です