腰をケアして腰痛を予防する 脊柱起立筋ストレッチ

腰をケアして腰痛を予防する脊柱起立筋ストレッチ

 

こんなゴルファーにオススメ

 

腰痛予防
腰の反りすぎをなくしたい

 

アプローチする筋群、関節について

 

  • 脊柱起立筋
  • 薄筋
  • 長内転筋
  • 大内転筋
  • 半腱様筋
  • 半膜様筋

     

脊柱起立筋ストレッチのメリット

 

内転筋に関しては股関節の柔軟性として上記と同様です。

腰部に関しては、アドレスにおいて
体幹を前傾させている限り脊柱起立筋が働きます。

特に背筋を伸ばそうと間違って腰を反らし過ぎる人の多くに
この手の腰痛が多くみられます。

練習中などに腰が張ってきたなと思ったら
しゃがみ込んでこの筋肉を伸ばすことをオススメします。

もちろん反らし過ぎることは
スイング動作においても良くありません。

このストレッチでは腰椎を前屈させるという目的もあります。
腰を反らす筋肉(脊柱起立筋)を伸ばして腰痛を予防しましょう。

内転筋にもアプローチするストレッチですが、
先ほどの内転筋とは別の筋であり、その理由は同じです。

 

脊柱起立筋ストレッチの解説

 

脚を楽な範囲で広げて座り、
今度は体を前に倒していきます。

まず手のひらを床につけて少しずつ前に押し出してみましょう。

ゆとりがある方はさらに手のひらと肘を
床につけて体を前に倒していき、
10秒間その状態を維持しましょう。

 

【注意!】

ももの内側と腰のストレッチが目的ですので、
無理して体を前に倒す必要はありません。

 

腰をケアして腰痛を予防する脊柱起立筋ストレッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です