スライスやフックの原因を科学的に証明するDプレーン理論がこれからの新常識!

Dプレーン理論による新飛球法則で理想のスイングと打球を身につける方法とは?

以前ご紹介したように、今ではわたしたち草ゴルファー個人でもフルミエルのような機器を使ったスイングや弾道の解析が可能になりました。

1人で簡単にスイングチェックできるおすすめ練習機具『フルミエル』を徹底解説!

 

またアメリカではトラックマンなど高精度なスイング・弾道解析機器の進歩により、Dプレーン理論による新飛球法則など一層高度なスイングや弾道の科学的な解析が進んでいます。

その結果、これまで正しいと言われていたスイングや弾道の理論が、最新の解析機器がもたらした計測データと合致しないことがわかりました。

 

つまり、スライスやフック、トップやダフリなどあなたのゴルフスイングのトラブルの原因だけでなく、それを解決するための答えや方法そのものが誤りである可能性が高いということです。

今日は日本ではあまり知られていないDプレーン理論や新飛球法則など、最新のスイング・弾道解析理論をご紹介します。

 

今日の話はいつになく真面目で物理学や力学に基づいた非常にマニアックな内容ですが、この理論を日本で正しく理解している人は少数です。

正しい理論を学び、正しいスイング獲得のための練習を行いましょう。

 

新たな弾道解析理論 Dプレーンとは?

DプレーンのDは『Describe=説明』を意味し、このDプレーン理論は1999年にセオドア・ヨーゲンセン博士により提唱されました。

Dプレーンとは、ボールインパクトの点からフェイスの向きに直交して引いた直線(青)と、ボールインパクトの点からスイングプレーン上の接戦方向に伸ばした直線(緑)の2つを結んでできる三角形の平面のことです。

D-プレーンとは、ボールインパクトの点からフェイスの向きに直交して引いた直線(青)と、ボールインパクトの点からスイングプレーン上の接戦方向に伸ばした直線(緑)の2つを結んでできる三角形の平面のことです。

図1:新たな弾道解析理論 Dプレーン

この三角形が左右のどちらかに傾くとボールの回転軸も同じように傾き、ボールの曲がり具合が変わります。

三角形が垂直に立っていれば回転軸は傾くことなく水平になり、弾道はストレートになりますが、この三角形が垂直ではなく左右どちらかに傾いてしまうことにより、ボールの回転軸も傾き、スライスやフックなど弾道の曲がりを生み出します。

Dプレーンの三角形が垂直ではなく左右どちらかに傾いてしまうことにより、ボールの回転軸も傾き、スライスやフックなど弾道の曲がりを生み出します。

図2:インサイドアウトでオープンフェースでインパクトした時のDプレーン

この三角形の傾きは、インパクト時のターゲットライン(黒)フェースの向きの角度(青)インパクト時のターゲットライン(黒)スイング軌道(緑)の角度差によって決定します。

 

ボールのスピンと弾道の関係について

ここでボールのスピンや回転軸についてもみておきましょう。

ボールのスピンはバックスピンがかかるだけでサイドスピン(横回転)はかかりません。

つまり、ボールの赤道を回転軸として手前側に回転します。

ボールの赤道を回転軸として手前側に回転します。

ボールの回転軸と回転方向

回転軸と弾道の関係を理解するには、飛行機などが空の上で旋回する姿をイメージするとわかりやすいです。

飛行機は左に旋回するときには左の翼を下げ、右に旋回するときには右の翼を下げて旋回します。

翼を下げるのはボールの回転軸を傾けることと同じです。

 

このバックスピンの回転軸が水平であればボールは左右に曲がることなくストレートな弾道になりますが、この回転軸がインパクトの影響で右に傾けばボールは右に曲がるスライスに、左に傾けば左に曲がるフックになります。

このボールの回転軸はDプレーンの傾きによって表されます。

Dプレーンの三角形が垂直ではなく左右どちらかに傾いてしまうことにより、ボールの回転軸も傾き、スライスやフックなど弾道の曲がりを生み出します。

図2:左に傾いたDプレーンにより、ボールは右方向に出てドローする

 

さらに、ボールの弾道を決定づけるのは回転軸の傾きだけでなく、ボールのスピン量そのものも大きな要因となることを忘れてはいけません。

ゴルフスイングにおいてボールのスピン量を決定する要素をスピンロフトと言い、クラブ軌道(緑)とフェースの向き(青)が作る上下の角度を指します。

スピンロフトは、クラブ軌道(緑)とフェースの向き(青)が作る上下の角度差です。

図3:スピンロフトはボールのスピン量と飛距離、曲がる度合いに影響を及ぼす

上の図を見て分かるように、クラブが持つロフト角が大きくクラブ軌道が下に向かう、つまりダウンブローになるほどスピンロフトは大きくなり、スピンロフトが大きくなるほどバックスピンは増えます。

 

特にロフトが小さいドライバーにおいては、飛距離や曲がる度合いはスピン量に大きく影響されます。

図4の左はダウンスイングによりスピンロフトが大きいためスピンが多く、右は小さなスピンロフトでスピンが少なくボールスピードも速くなります。

ロフトが小さいドライバーにおいては、飛距離や曲がる度合いはスピン量に大きく影響されます。

図4:ドライバーのスピンロフト

ドライバーの場合、ヘッドスピードが速いわりにボールスピードが遅い人はインパクト時のダイナミックロフトが大きいという傾向があるので、弾道が高くて距離が出ない人は、スピンロフトをチェックする必要があります。

 

スイングによる9種の打球について

ゴルフスイングによって作り出される球種は以下の9種類です。

ゴルフスイングによって作り出される球種は以下の9種類です。

図5:ゴルフスイングによって作り出される9つの球種

番号 名称 打ち出し方向 曲がる方向
1 プルフック
2 プル まっすぐ
3 プルスライス
4 ドロー ターゲット方向
5 ストレート ターゲット方向 まっすぐ
6 フェード ターゲット方向
7 プッシュフック
8 プッシュ まっすぐ
9 プッシュスライス

※表1 9種の打球の性質

 

1と9はラウンド時にはスコアに直結するほどの大事故となる可能性が高いため、なんとしても避けなければいけませんw。

しかし、どのようなスイングをすることでその球種になるかを正確に把握しておかなければ、防げる事故も防げません。

9つの球種の正しい原因やメカニズムと正しい対策を知ることは、ゴルファーのリスクマネジメントとスコアマネジメントの観点から不可欠な情報と言えます。

 

日本にはびこる誤った飛球法則

ここで、Dプレーン理論について理解を深めるために、従来の飛球法則についても知っておきましょう。

残念ながら日本ではこれまで、あるいは現在も『ボールの飛び出す方向は、インパクトのスイングプレーンの向きで決まり、ボールの曲がり方はインパクトのフェースの向きで決まる』というのが定説となっていますが、これは誤りです。

注意!

以下は、日本のゴルフスクールや雑誌、メディアで現在も横行している誤った理論ですが、後でDプレーン理論と比較検証するための例としてここで紹介します。

 

例えば、上の表1からわかるように右に曲がるスライスには3つの種類があり、それらの原因は以下の通りと言われています。

番号 名称 スイング軌道 フェースの向き
3 プルスライス アウトサイドイン オープン
6 フェード インサイドイン オープン
9 プッシュスライス インサイドアウト オープン

 

つまり、

  • ボールの飛び出す方向はスイング軌道で決定する
  • ボールの曲がりはフェースの向きで決定する

というのが従来の誤った飛球法則です。

 

従来の誤った飛球法則に則った9種の打球とその原因となるスイング軌道、フェースの向きとの関係について表にまとめたものが下の表になります。

※表2 旧飛球法則による9種の打球のメカニズム

番号 名称 スイング軌道 フェースの向き
1 プルフック アウトサイドイン クローズ
2 プル アウトサイドイン ストレート
3 プルスライス アウトサイドイン オープン
4 ドロー インサイドイン クローズ
5 ストレート インサイドイン ストレート
6 フェード インサイドイン オープン
7 プッシュフック インサイドアウト クローズ
8 プッシュ インサイドアウト ストレート
9 プッシュスライス インサイドアウト オープン

 

Dプレーンの実効性を検証する

アメリカではすでに常識となっているDプレーン理論ですが、日本ではいまだ旧来の飛球法則に依存している方が多いのも事実です。

実際のスイングと打球でもDプレーンの実効性がわかります。

 

この画像ではアウトサイドインのスイング軌道でインパクト時のフェースはほぼストレートとなっています。

実際のスイングと打球でDプレーンを検証する

実際のスイングと打球でDプレーンを検証する
実際のスイングと打球でDプレーンを検証する

従来の飛球法則によると、この時の打球はスイング軌道に沿って画像右上の1時方向に飛ぶことになりますが、実際の打球はフェース方向(=ターゲット方向)とほぼ同じ3時方向に飛び出していることがわかります。

 

そして、この画像ではインサイドアウトのスイング軌道でインパクト時のフェースはやはりほぼストレートとなっています。

実際のスイングと打球でDプレーンを検証する
実際のスイングと打球でDプレーンを検証する
実際のスイングと打球でDプレーンを検証する

これも従来の飛球法則によれば、この時の打球はスイング軌道に沿って飛ぶことになりますが、実際の打球はフェース方向(ターゲット方向)とほぼ同じ3時方向に飛び出しています。

 

打ち出し方向はフェースの向きに決定される様子は、実際のスイング動画でも確認できます。

 

これにより、従来の飛球法則である『ボールの飛び出す方向は、インパクトのスイングプレーンの向きで決まる』ことが誤りであることがわかる。

 

正しくは、ボールの飛び出し方向はインパクト時のフェース向きによって決まる

とても重要なことですので、ぜひ覚えておいてください。

 

では、打ち出し後の『ボールが曲がる度合い』についても、実際のスイング動画で見てみましょう。

タイガーウッズのプルフェード=表1-3の球質で、動画内の三角形がDプレーンです。

フェースの向きよりも黄色の線のスイング軌道がターゲットラインに近い内側に入っている(=アウトサイドイン)ため、Dプレーンが右に傾斜して打球も右方向へ曲がることがわかります。

 

 

次に、ショーンオヘアのドロー=表1ー4の球質で、動画内の三角形がDプレーンです。

フェースの向きよりも黄色の線のスイング軌道がターゲットラインに近い外側に入っている(=インサイドアウト)ため、Dプレーンが左に傾斜して打球も左方向へ曲がることがわかります。

 

タイガーウッズのフェードも、ショーンオヘアのドローもいずれもフェース面はターゲット方向を向いていますが、スイング軌道をコントロールすることでフェードとドローを打っていることがわかります。

このことからも、従来の飛球法則である『ボールが曲がる度合いは、インパクトのフェースの向きで決まる』という点が誤りであることがわかります。

正しくは、ボールが曲がる度合いは、インパクト時のスイング軌道で決まる

これら2点が示す新飛球法則はとても重要なことですので、あらためてまとめておきます。

ボールの飛び出し方向はインパクト時のフェース向きによって決まる

ボールが曲がる度合いは、インパクト時のスイング軌道で決まる

 

Dプレーン理論で9種の打球を再検証する

上で挙げた表2の9種の打球のメカニズムは、Dプレーン理論により以下表3になる。

※表2 旧飛球法則による9種の打球のメカニズム

番号 名称 スイング軌道 フェースの向き
1 プルフック アウトサイドイン クローズ
2 プル アウトサイドイン ストレート
3 プルスライス アウトサイドイン オープン
4 ドロー インサイドイン クローズ
5 ストレート インサイドイン ストレート
6 フェード インサイドイン オープン
7 プッシュフック インサイドアウト クローズ
8 プッシュ インサイドアウト ストレート
9 プッシュスライス インサイドアウト オープン

 

※表3 Dプレーン理論と新飛球法則による9種の打球のメカニズム

番号 名称 スイング軌道 フェースの向き
1 プルフック インサイドアウト クローズ
2 プル インサイドイン クローズ
3 プルスライス アウトサイドイン クローズ
4 ドロー インサイドアウト ストレート
5 ストレート インサイドイン ストレート
6 フェード アウトサイドイン ストレート
7 プッシュフック インサイドアウト オープン
8 プッシュ インサイドイン オープン
9 プッシュスライス アウトサイドイン オープン

 

表2と表3を併記して両者の違いを一覧にすると、以下の表4になります。

  旧飛球法則 Dプレーン理論による新飛球法則
番号 スイング軌道 フェースの向き スイング軌道 フェースの向き
1 アウトサイドイン クローズ インサイドアウト クローズ
2 アウトサイドイン ストレート インサイドイン クローズ
3 アウトサイドイン オープン アウトサイドイン クローズ
4 インサイドイン クローズ インサイドアウト ストレート
5 インサイドイン ストレート インサイドイン ストレート
6 インサイドイン オープン アウトサイドイン ストレート
7 インサイドアウト クローズ インサイドアウト オープン
8 インサイドアウト ストレート インサイドイン オープン
9 インサイドアウト オープン アウトサイドイン オープン

表4:旧飛球法則とDプレーン理論による新飛球法則の相違点

これによると、旧飛球法則とDプレーン理論による新飛球法則における合致店は、フェースの向きとスイング軌道がいずれもストレートの時に打ち出す打球5のストレートボールを打つ条件だけであり、それ以外はまったく一致する点がないと言えます。

 

つまり、従来の飛球法則に依存したままスイングを評価して獲得すべきスイング軌道とフェースの向きを判断してしまうと、Dプレーンによる実際の物理運動では、まったく意図していない打球をもたらす結果となってしまいます。

 

飛球法則の新旧の違いがもたらす致命傷

例えば仮に、打球4のドローボールを打つゴルファーが打球7の右に打ち出すドローボールを打ちたいと考えたとします。

打球4のドローボールの原因は、上表4のDプレーン理論による新飛球法則によればインサイドアウトのスイング軌道とストレートのフェース向きであることがわかります。

一方、打球7の右に打ち出すドローボールを打つには、インサイドアウトのスイング軌道とフェースの向きがオープンフェースである必要がわかります。

 

つまり、打球4から打球7になるにはスイング軌道を変える必要はないが、フェースの向きをストレートからオープンに変えなければいけません。

 

しかし、旧飛球法則に則った場合、打球7の右に打ち出すドローボールを打つには、インサイドアウトのスイング軌道とクローズのフェース向きが必要と言っています。

 

この条件を新飛球法則に当てはめると打球1のプルフックを作り出す条件と一致するため、打球7の右に打ち出すドローボールはいつまでたっても実現不可能です。

 

こうなると、このゴルファーが立ち返る場所はこれまでの打球4のドローボールに戻るか、新旧両飛球法則が唯一合致するストレートボールを身につけるかのどちらかの選択しかないでしょう。

 

ではこの時、打球1のプルフックから打球4のドローボールに立ち返ることを選択したとします。

新飛球法則を知らずに依然として旧飛球法則に則っていた場合、打球1のプルフックはアウトサイドインのスイング軌道とクローズフェースが原因であると考え、打球4のドローボールはインサイドインのクローズフェースが条件であると考えます。

 

つまり、フェースの向きはクローズのままでスイング軌道のみインサイドインに変更しようと判断してしまいます。

しかしインサイドインでクローズフェースとした場合、Dプレーン理論による新飛球法則によると打球2の左に真っすぐ打ち出すプルストレートの条件と一致するため、ここでもやはり意図する打球を打つことが不可能です。

 

このように、根拠とする理論を誤ることは当然誤った判断を繰り返すという悲劇を生み、スイングづくりにおいて混迷の一途をたどることは火を見るよりも明らかです。

 

Dプレーン理論による新飛球法則のまとめ

わたしたちゴルファーが意図するボールを打つためには、常に自分のスイングと打球を客観的に評価できる『正しい理論』は不可欠です。

正しい知識や理論を持たないということは誤った答えを導き出し、ひいてはその練習成果も全く得られず効率的な練習とは言えません。

 

最悪、今回のDプレーン理論や新飛球法則を知らなくても、ストレートボールを常に打てれば問題ないという結論もあり得ますが、ロフトの小さいドライバーでストレートボールを打つことの困難さはゴルファーであれば周知の事実です。

 

いずれにせよ、依然としてネットやメディアで跋扈(ばっこ)する旧態依然の理論や新しい情報に依存することなく、すべてのゴルファーが正しい知識と技術を身につけ自立できるようになることを願ってやみません。

 

それでは本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Dプレーン理論による新飛球法則で理想のスイングと打球を身につける方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です