体幹を理解すればゴルフの質が変わる

体幹とは一般的に頭部と両手両足を除いた胴体部分であり、骨盤、脊柱、胸郭があり、腹横筋、骨盤底筋群、多裂筋、横隔膜などで構成されています。したがって体幹部のメカニズムを正しく理解することは効率的にスイングエネルギーを伝達するゴルフスイングの実現に直結すると言えます。

 

体幹とは、一般的に頭部と両手両足を除いた胴体部分のことを指します。

また、この体幹部には、骨盤という土台の上に脊柱という柱が立っていて、
胸郭が屋根という位置関係を維持していることから、

体幹は文字通り『体の幹』として、歩く、走るなど
様々な動作を行う上での軸となる部分になっています。

そして、この体幹部の中には、
私たちが生きるために必要な働きをする内臓器を収容しており、
この内臓を包み込むようにいくつかの筋肉が存在しています。

体幹の筋群は主に腹横筋、骨盤底筋群、多裂筋、横隔膜
4つの筋群で構成されています。

core2
それぞれの組織の詳細については後述しますが、
ここまでをまとめると、

  • 一般的に頭部と両手両足を除いた胴体部分である。
  •  体幹には、骨盤、脊柱、胸郭があり、
    腹横筋、骨盤底筋群、多裂筋、横隔膜などで構成されている。

今は体幹についての基礎知識として、この2点だけを抑えておいてください。

重要なのは、『どのようにすれば、効果の高いトレーニングを実現できるか?』であり、
そのためには、上の2つのポイントをもう少し深く理解した上で、

 体幹が実際にどのような役割、機能を果たしているか?
なぜ、そのような機能を実現できているか?

という、『体幹のメカニズム』を理解することが大変有効です。

この体幹のメカニズムを意識しながらトレーニングするだけでも、
トレーニング効果に大きな違いが生まれます。

また、先述の通りキネティックチェーンという
スイングエネルギーの伝達経路のことも考慮した場合、

体幹部はまさにスイングエネルギーのハブ(中継地点)となり得るため、
この部位に対して正しい知識を得てトレーニングを行い、
エネルギーロスを最小限にするということは、

効率的なゴルフスイングを習得するうえで必要不可欠と言えます。

 

体幹とは一般的に頭部と両手両足を除いた胴体部分であり、骨盤、脊柱、胸郭があり、腹横筋、骨盤底筋群、多裂筋、横隔膜などで構成されています。したがって体幹部のメカニズムを正しく理解することは効率的にスイングエネルギーを伝達するゴルフスイングの実現に直結すると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です