ゴルフスイングを乱す根本的な原因とは?

ゴルフスイングを乱す根本的な原因とは

 

肩こり、腰痛、偏頭痛、冷え症、メタボ、睡眠不足・・・。

現代になって、このような不調に
悩まされる人が多くなったのは、なぜでしょう?
現代の文明社会で生きる私たちは、
文明がもたらした利便性と引き換えに、

自らの足、体を使って運動するという機会を奪われました。
発達した交通網、移動手段。
電車、地下鉄、高速道路などの交通網の発達。

ビル、マンションなど建物の高層化に伴う、
エレベーター、エスカレーターによる屋内移動。

また、生活様式が和式から洋式に変化したことで、
ふとんはベッドに変わり、トイレも変わりました。

その結果、『しゃがむ、立つ』という運動機会は激減しました。

今、和式トイレが使えない方の多くは、
『しゃがむ』という動作ができません。

このように私たちは日常生活の中で
多大な利便性を手にすると同時に、

人間本来のカラダの機能を手放してしまい、
その代償として上のようなカラダの痛み、
症状に悩まされることになってしまいました。
では、生活が便利になったことで
私たちの体に一体何が起こったのでしょうか?

なぜ、肩こり、腰痛などの痛みや症状に悩まされるように
なってしまったのでしょうか?
この背景を読み解き、
このような痛み、悩みがない生活に戻るために、

わたしたちのカラダの構造や体幹機能について
正しい知識を身に付けることは、

ゴルフのパフォーマンス向上、ケガや傷害予防をめざすうえで
決して無意味なことではありません。
このサイトで紹介する様々な知識と技術を吸収し、
ゴルフのパフォーマンスを上げながら、

健康で快適な身体を手に入れて

QOL(Quality Of Life=生活の質)の向上を目指しましょう。

 

ゴルフスイングを乱す根本的な原因とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です