爆発力と安定したスイング軸の土台をつくる股関節外旋六筋

股関節外旋六筋

 

股関節全体の最適な動作を補完する外旋六筋

 

スイングエネルギーを作り出す股関節で紹介したように、

股関節のダイナミックな動きを作り出す腸腰筋、大殿筋などが
股関節前面に位置するほかに

股関節の深層側面には『外旋六筋』と言われる筋群が存在します。

これらの股関節外旋六筋はゴルフスイングにおいて
膝が内側に入りすぎるのを防ぐことで、

作り出したスイングエネルギーを逃さず効率的に活用するという
重要な役割を担うだけでなく、

股関節全体での適切な可動域、動作を行ううえでも
これら外旋六筋の働きが重要となります。

また、日常生活においては、
歩行時に方向を変える時や立位で体の向きを変える時の
軸足の動きをつくります。

 

梨状筋

梨状筋

大殿筋の深部にある深層筋で、洋梨の形に似ていることが由来。

太ももを外向きにひねる股関節外旋の主力筋として働くほか、
股関節外旋筋群と共に働き、股関節の外転にも作用します。

 

内閉鎖筋

内閉鎖筋

上双子筋と下双子筋の間に位置する筋で、
股関節の深層にある外旋六筋の中では、
大腿方形筋と並んで最も強力な筋。

 

上双子筋

上双子筋

梨状筋と内閉鎖筋の間に位置する小さな筋で、
外旋作用としては弱く、梨状筋や大腿方形筋、内閉鎖筋など
他の外旋筋群と共に作用する。

 

下双子筋

下双子筋

上双子筋と対になる小さな外旋筋で、
内閉鎖筋のすぐ下を走行し、内閉鎖筋の働きを補助する役割を持つ。

上双子筋と共に股関節の外旋に作用するが、動きの貢献度としては小さい。

 

大腿方形筋

大腿方形筋

四角い扁平な筋をしており、下双子筋の下に位置しており、
内閉鎖筋と共に股関節の最も強力な外旋筋。

太ももを外向きにひねる股関節外旋に強く働くとともに、
股関節の内転作用も併せ持っている。

 

外閉鎖筋

外閉鎖筋

股関節外旋六筋の中では最も深層にある筋で、
下双子筋と大腿方形筋に覆われています。

微弱ではあるが、股関節内転の作用もあり、
骨盤の前面から大腿骨に停止する。

 

股関節外旋六筋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です