スイングエネルギーを使い切るための股関節ストレッチ

スイング軸のリアライメント 股関節の回旋

 

スイング軸の基本は股関節の回旋

 

プロゴルファーやシングルハンディの方のスイングをみると、フィニッシュで骨盤は飛球方向にむいているのにつま先はほぼ正面を向いています。

これは股関節の内旋という運動によるものです。

 

ゴルフスイングの回旋動作の多くが股関節の回旋です。

股関節の可動域が狭い人は、アドレスやフィニッシュでどうしてもつま先を外に向ける必要がありますが、地面からの力を最大限に発揮させるためにはなるべくつま先は外を向けないようにした方が良いでしょう。

このエクササイズにより安定した股関節の可動域が得られ、軸回旋がスムーズに行えるようになるだけでなく、地面からのからの反力を逃すことなく力強いスイングを可能にします。

このような股関節の可動域を獲得するための運動として、ストレッチポールの上に寝て片脚を軽く伸ばして内側に閉じる、外側に開くという動きを行います。これを両脚で行います。

この運動を行うことで、股関節後方の筋群を緩め、股関節を適切な位置に戻し、股関節の可動域を広げるストレッチになります。

 

また、股関節周囲のインナーマッスルを働かせ、安定した股関節の運動が行えるようになります。

骨盤と直接関節を成す股関節は床からの反力を体幹に伝える重要な関節です。

股関節や周辺の筋群の構造、機能を理解したうえで、股関節を意識しながらこのストレッチを行いましょう。

 

 

スイング軸のリアライメント 股関節の回旋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です